軽貨物自動車運送業について

軽貨物自動車運送業とは?

軽貨物自動車運送業とは?軽トラックや軽ワンボックスなど、軽自動車の規格の中で運送を行う仕事です。営業用の軽トラックを用意し、荷物を運送し、料金を得るというのが基本的な仕事内容です。
自分が所有する軽自動車であればすぐに始めることができるということではなく、事業として国土交通省に許可を求め、運送で使う軽トラックに関しても営業用としての届け出を行い、黒字に黄色のナンバープレートの交付を受けなければなりません。

開業の届け出

開業の届け出に際して、まず各地方にある陸運局に事業経営の届け出を行います。
貨物軽自動車運送事業経営届出書というものを提出することになりますが、個人で行う場合には個人の名前、法人があれば法人名を記入し、代表者の名前、営業所の場所、自動車を保管する場所、休憩施設の場所などを記入することになります。

ちなみに、営業所、保管場所、休憩所などは自宅を兼ねていても問題ありません。
そのため、軽トラックなどがあれば届け出を出すだけで個人でも簡単に営業を始めることができます。事業用自動車等連絡書と呼ばれる書類を提出すればナンバープレートの交付を受けることができ、開業することができます。

主になる仕事内容

仕事内容としては、宅配業がメインとなります。
最近はネットスーパーを利用する世帯が増えており、ネットスーパーで購入したものを配送するという仕事が増えています。また、ネットでの売買というものが頻繁に行われており、その仕事が回ってくる可能性も十分に考えられます。

そのため、仕事がなくて大変ということは昨今の配送事情を考えればありえないため、仕事をゲットすることは容易です。
スポット業務と呼ばれる緊急性の高い仕事が飛び込んでくるケースや、引っ越し業務なども入ってくることがあるだけでなく、自由度が高いため、自分なりの営業もしていくことができることから、工夫次第でかなりの金額を稼ぐことができます。

用意すべきものとしてはETC車載器、ETCカード、カーナビなど、スポット業務が入っても安心できるものが必要です。
もちろん、これらがなくても大丈夫ですが、街の中を走る際にいちいち地図で調べていたり、勘で走らせていたりすると時間のロスにつながり、多くの荷物をさばくことができなくなります。
ワンボックスを業務用、自家用車として兼用することも可能であり、脱サラをし、家族との時間を作りたい、自由に働きたいという場合にはおすすめの業種となっています。