夜の道路

夜間に対向車がいた場合にどこに注意するか

夜はヘッドライトを点灯していても視界は非常に悪くなります。

最近のクルマはLEDヘッドライトになっていますので、ハロゲンライトやキセノンライトよりも明るいとはいえ、昼間とは明るさでは比較にはなりません。

特に暗い道で対向車が現れた場合には、対向車線の歩道に人がいた場合でもなかなか気が付かないこともあるのではないでしょうか。

夜ですと交通量が少ないこともあり、歩行者の方も安心して横断歩道でなくても車道を渡る方も多いので、いきなり車道に人が現れてくる可能性もあることを考えて運転することが交通事故を防ぐためにも大切なことになるでしょう。

夜間の運転の注意点

夜間は特に対向車のヘッドライトの光に眩惑されてしまい、対向車の後方が見えにくい現象になりますので、対向車の後方で人が車道を横断している場合なども考えると非常に注意して運転しなければいけません。

対向車のフロントガラス越しに対向車の後ろに人がいることが確認できていれば、人の行動に注意して運転はできるでしょうが、全ての対向車のフロントガラス越しに後方が確認できるわけではありません。

ですから、夜間走行時には道路の左右の様子にも注意をして、対向車とすれ違うときには歩行者が車道を横断しているかもしれないことを頭に入れて速度を落として走るようにすることを心がけるといいでしょう。