衝突被害軽減ブレーキ

国土交通省が初めての公表

国土交通省は、乗用車に搭載されている衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを証明する認定制度を2018年に創設しました。

今回その認定制度の結果を2019年の4月に初めて公表しました。

衝突被害軽減ブレーキの審査方法

衝突被害軽減ブレーキの審査方法は、静止している前方の車両に向かって時速50㎞で接近した場合に、車両に搭載されている衝突被害軽減ブレーキによって衝突が回避されるか、または衝突時の速度が時速20㎞以下になっているかなのように3つの試験で性能の審査したうえで結果として公表しています。

今回の審査で認定されたのは、8社の152型式の車両で、認定された車両のリストは国土交通省のWEBサイトにて公開されていますので、誰でも確認できるようになっています。

業務中の事故を減らし、もし事故を起こした場合でも少しでも被害を軽減するためにも、新しく車両を導入する際には、安全性が確保されていると認定されている車両を選びたいものですね。

認定車両の紹介

ここからは認定された車両を紹介していきます。今回の審査で認定されたのは国内自動車メーカー8社に限られており、輸入車メーカーは含まれていませんので注意をしてください。

スズキ

・アルト(軽自動車)
・イグニス
・エスクード
・クロスビー
・ジムニー(軽自動車)
・スイフト
・スペーシア(軽自動車)
・ソリオ
・ハスラー(軽自動車)
・ランディ
・ワゴンR(軽自動車)
・アルトラパン(軽自動車)
・エブリィ(軽自動車)

スバル

・インプレッサ
・シフォン(軽自動車)
・ジャスティ
・ステラ(軽自動車)
・ディアス(軽自動車)
・フォレスター
・プレオプラス(軽自動車)
・レヴォーグ
・レガシー
・WRX
・XV

ダイハツ

・アトレーワゴン(軽自動車)
・ウェイク(軽自動車)
・キャスト(軽自動車)
・タント(軽自動車)
・トール
・ブーン
・ミライース(軽自動車)
・ミラトコット(軽自動車)
・ムーヴ(軽自動車)
・ムーヴキャンパス(軽自動車)

トヨタ

・アクア
・カムリ
・クラウン
・パッソ
・プリウス
・プリウスPHV
・ルーミー
・タンク
・C-HR

日産

・エクストレイル
・エルグランド
・シーマ
・ジューク
・スカイライン
・セレナ
・デイズ(軽自動車)
・デイズルークス(軽自動車)
・ノート
・フーガ
・リーフ
・NV100クリッパーリオ(軽自動車)

ホンダ

・インサイト
・CR-V
・N-BOX/N-BOX Custom

マツダ

・アテンザ
・キャロル(軽自動車)
・デミオ
・フレア(軽自動車)
・フレアクロスオーバー(軽自動車)
・フレアワゴン(軽自動車)
・ロードスター
・CX-3
・CX-5
・CX-8
・MAZDA3
・スクラム(軽自動車)

ミツビシ

・eK
・eK SPACE