社用車の車検切れ

車検切れのクルマで走行する危険性

乗用車でもトラックでもバスでも公道を走るのには車検を受けていることが必要になります。

自分が名義人となっているクルマに関しては、ディーラーから車検のお知らせなどが来るので、あまり車検を忘れることはないとは思うのですが、社用車であったりすると、そこまで気にせずに乗っていたらいつの間にか車検の期間を経過していたという可能性もありますので要注意と言えるでしょう。

車検切れで走行するとどうなるの?

法律で車検を受けなければ公道を走れないようになっているということは、車検切れで走行すれば厳しい罰則が待っているということになります。

ここでは車検切れで走行した場合の罰則を紹介しますので、しっかりと理解しておいてください。

無車検のクルマで走行した場合の罰則

違反点数➡6点

免許停止期間は30日間

6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金

無車検で走行した場合は非常に重いことが理解できると思います。

また無車検で走行しているクルマにはもれなく自賠責保険には加入していませんので、無保険で走行した場合の罰則もプラスウされることにもなります。

無保険のクルマで走行した場合の罰則

違反点数➡6点

免許停止期間は30日間

1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金

無保険走行の場合にも違反点数と免許停止期間は同じですが、罰金の項目に関しては無保険の方が重くなっているようです。

ただ車検切れの場合には無車検と無保険の2つの違反が同時に摘発される可能性が高いですので、その場合にはどのようになるのか見ていきましょう。

無車検かつ無保険のクルマで走行した場合の罰則

違反点数➡12点

免許停止期間は90日間

1年6か月以下の懲役もしくは80万円以下の罰金

違反点数12点も痛いですが、なにより90日間の免許停止期間は運送会社のドライバーにとっては死活問題となるレベルの重い罰則です。

社用車である以上はクルマの管理は会社がしっかりと行って、ドライバーがリスクを負わないようにしっかりと手続きを行っておかなくてはいけません。

もし車検切れのクルマを見つけた場合には早急に車検を受けるようにして、絶対に少しの間は大丈夫だろうと考えて公道を走行することのないようにしてください。