車内の温度

夏場の車内はサウナどころではない

仕事でもプライベートでもトラックやクルマを使用するなかで夏場に気を付けなければいけないのは車内の温度になるのではないでしょうか。

屋内の駐車場に駐車している場合にはそこまで影響は少ないのですが、屋外に駐車した場合には車内の温度は人間の身体に大きなダメージを与えるほどに高温になってきます。

テレビなどの実験でもどの程度の温度になるかを既にご存じかもしれませんが、炎天下の屋外に駐車をした場合には車内の温度は軽く50℃を超えることもあるのです。

あなたも高速道路でのトラブルなどでもお世話になったこともあるであろうJAF(日本自動車連盟)がどのような方法が一番車内を早く冷やすことができるのかを実験したデータがありますので、ここではそれを見ながら考えていくことにしましょう。

5パターンの車内冷却方法を比較してみる

まずは車内を冷却する方法を紹介しておきましょう。

①コールドスプレーをシートなどに使用する
薬局などで販売しているコールドスプレーを車内の空気にではなく、シートなどの冷却成分が付着する場所に数十秒に渡ってスプレーしてダイレクトに冷やそうとする方法。

②エアコンを使用して外気を入れる
窓は開けずにエアコンを使用します。さらにエアコンのモードで外気を導入するものを選択する方法。

③エアコンを使用して外気入れない
②と同じくエアコンを使用しますが、この方法では外気を入れないで内気を循環させることで車内を冷却する方法。

④エアコンを使用してすぐに走行
エアコンは使用するのですが、車内との空気を循環するためにクルマの窓を全てあけて約2~3分後に換気を終了して窓を閉める方法。

⑤ドアの開閉で空気を循環させる
最もシンプルな方法と言えますが、エアコンを使用しないでクルマに乗る際にドアを開けることで車内で熱せられた空気を外気と同等の温度に換気する方法。

どの方法が1番早く車内を冷却することに成功したのか

5つの豊富を比較してみた結果として、4番のエアコンを使用した後で窓を数分間全開にして走行したケースが1番早く車内が冷却されたことがデータで証明されたようです。

逆に1番効果がなかったのがコールドスプレーをシートなどに吹きかける方法でしたが、これに関しては皆さんも効果がないことはある程度理解できていたのではないでしょうか。

注意しなければいけないのは、車内の温度が下がったからと言ってステアリング・シート・ダッシュボード・シートベルト金具・チャイルドシートなどはかなり熱を持っていますので、すぐには触らないまたは気を付けて触るなどして、くれぐれもやけどをしないように注意をしてください。

トラックドライバーであればやけどは仕事に大きな支障がでますし、介護タクシーなどであれば、お客様がやけどをして賠償責任に繋がる可能性もあるので十分な注意が必要となってくるでしょう。