冬用タイヤ

スタッドレスタイヤの装着の促進を

一般社団法人・日本自動車タイヤ協会は冬の雪の降る可能性のある時期にノーマルタイヤ(いわゆる夏タイヤのこと)を装着したままでクルマを運転しているドライバーに対して、スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)のを装着して走行するように促しています。

参考サイト➡「一般社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)」

毎年のことですが、天気の急変によって道路に急に積雪や凍結が発生することがあり、そのような悪天候ではノーマルタイヤのままで走行しているクルマが動けなくなってしまいます。

結果として大規模な交通渋滞や通行止めなどのように、多くの人に影響のある事態を引き起こしてしまいます。

積雪のある道路や、凍結した道路を走行する時に、滑り止めの措置をとらないで運転をすること(スタッドレスタイヤをクルマに装着する又はタイヤチェーンを駆動輪に装着することです)は法令違反となりますから、必ず装着をして道路を走行するようにしてください。

大型トラックやバスの場合ではスタッドレスタイヤを装着しているケースは多いですから、そこまで心配する必要はないかもしれませんが、小型のトラックやハイエースやキャラバンなどの商用バンを業務として利用している場合には、タイヤ交換を気を付けて行うようにしてください。