緑内障

緑内障早期発見のために全国で緑のライトアップ

日本緑内障学会が、緑内障の早期発見に向けて啓蒙活動を行っています。

日本における中途失明の原因の1位が緑内障であって、症状としては視力の低下や視野が欠けることが起こり、トラックや自動車の運転にも影響を及ぼす可能性も考えられます。

このような深刻な症状が起こる緑内障への関心を高めるために、日本全国各地のランドマークなどを緑内障のカラーでもある緑色で照らす「ライトアップinグリーン運動」を2018年3月上旬に展開する予定にしています。

緑内障を含めたさらに詳しい内容については以下のサイトをご覧になってみてください➡「日本緑内障学会」