バック駐車

自分ではまっすぐのつもりでも・・・

自分ではまっすく下がって駐車しているつもりでも、実際にクルマを降りてみると、曲がって駐車されていることはあると思います。

理由として考えられることとしては、クルマの大きさの感覚ははっきりと認識できていないことから、駐車スペースとクルマとの距離感のイメージが、ドライバーの感覚と実際でずれていることがあるのでないでしょうか。

こうして何度もまっすく駐車できないうちに、曲がって駐車するかもしれないといった不安感から、ハンドル操作を早めに始めてしまい、ハンドルを戻す操作も遅れてしまう結果となってしまいます。

そして何度も切替しをおこなっているうちに、ドライバーの頭の中の空間把握能力にも徐々に狂いが出てきてしまいます。

まっすく駐車するために大切なこと

まっすく駐車するために大切なことは、できる限り車内の後ろを向いて目視で確認することになります。

進む場合とことなり、バックでのハンドル操作はどうしても揺れ幅が大きく、バックモニターやバックミラーに頼ってしまうと、曲がった感覚を把握しにくいといった欠点があります。

ポイントは、クルマを長方形の箱であると考えて、リアバンパーの位置をイメージして、ハンドルをゆっくりと操作することで、まっすぐなバック駐車ができる可能性が高くなります。

駐車スペースからはみ出ないように駐車することは、周囲への迷惑をかけないためにも大切なことは覚えておきましょう。

特に事業をおこなっている場合ですと、苦情などが会社に入ることも考えて、行動するようにしてください。