新型車の燃費表示変更

燃費表示がJC08モードからWLTCモードへ変更に

国土交通省と経済産業省は、2018年10月から新型車の燃費表示をこれまでのJC08モードでの数値からWLTCモードでの数値へと変更しました。

燃費の数値が変更されたことに関しては、自動車のカタログや自動車メーカーのホームページで新型車をチェックした際に既にご存じの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

WLTCモードに変更で何が変化するのか?

今回の燃費モードの変更はJC08モード以前に表記されていた10・15モードからJC08モードへ変更された場合以上に大きなものとなります。

これまでは燃費の表示と言えば1種類で例えばこの車種であれば燃費はリッター当たり15.2kmと表示しておけばいいだけでした。

しかし、WLTCモードへの変更とともに、「市街地道路」「郊外道路」「高速道路」といったクルマの走行状況ごとによる燃費も表示されるようになったことで、より自動車を購入しようとする人が自分のライフスタイルに最適なクルマを選択することができるようになることが利点であるといえるのではないでしょうか。

WLTCモードって何??

最後にWLTCモードについて解説しておくことにしましょう。

WLTCモードとは以下で紹介している3つの走行状況

◆「市街地モード (WLTCーL)」
◆「郊外モード  (WLTC-M)」
◆「高速道路モード(WLTC-H)」

で構成された、燃費を測る、国際的な試験方法のことです。

既に欧州車ではWLTCモードで燃費を表示しています。(日本国内ではまだ使用していない欧州車メーカーもあります)

グローバル化している時代にあって燃費基準が国際的に統一されていないのは問題でしたので、国際的に燃費基準が統一されることで、クルマを評価する基準も日本国内だけではなく、海外でも変化してきそうですね。