高速道路と危険予知

道路を走行する際の危険の予知

道路を走行中に突然に前の車がブレーキを踏んで原則する場面に出くわした方はクルマを運転していれば1度は経験しているでしょう。

ここでは突然に前のクルマがブレーキを踏んだ際の危険予知について考えてみましょう。

左車線と前を走る車の動きに注意しよう

あなたが走っている前の車が突然減速したために、あなたのクルマが追突をしそうになりました。

原因は左車線を走行していたクルマが道路に合流をしてくるクルマを避けようとして、車線変更をおこなったことにあります。

高速道路やバイパスのような交通量の多い道路の中には、本線に合流するまでの車線が短い場所もあるために、合流するクルマを避けるための動きをおこなうために急な車線変更や無理な合流などが起こりがちになり、結果として交通事故が発生する確率が高くなります。

合流地点が近くなった場合には、自分の周りのクルマの動きに注意し、速度を抑えて前を走る車との車間距離を確保しておくことで、急な動きにも慌てずに対応することが可能となります。

道路の構造によっては視界が少なくなるコーナーの先に合流地点が設定されている場合もありますので、「合流交通アリ」などの標識を発見したら、合流地点の前から注意をしておくことが安全のためには必要となるでしょう。

首都高・阪神高速などの都市高速道路での事故

首都高速道路や阪神高速道路をはじめとした都市の中を走る都市高速道路は高速道路という名称で呼ばれてはいますが、平均速度は一般的な高速道路と比較すると遅く、交通量を多いので頻繁に渋滞が発生してしまいます。

実際のデータでは、都市高速で一番多い交通事故は追突事故となっています。

事故の原因となった違反別の事故率を確認してみますと「前方不注意」と「動静不注視」の2つが多くなっているようです。

コーナーの先がいきなり渋滞が発生していることも都市高速ではよくあることなので、仕事での運転の時だけではなく、プライベートでの運転の際にも十分に速度と車間距離には注意して運転するようにしてください。