介護タクシー

介護タクシー許可ってなに??

日本においては、世界でもまれにみる高齢化が進んでいるために、介護を必要とする高齢者が増えており、今後も増加していくであろうと厚生労働省などが発表しているデータからも予想されています。

高齢者が今後も増加していくという社会の傾向に照らして考えてみると、要支援者や要介護者の方々が、買い物や通院、また公共施設への移動、さらには冠婚葬祭への参加などの目的で介護タクシーを利用することはこれからも一層増えるであろうと考えることができるでしょう。

それに伴って、これから需要が増えると予想されるのが、介護タクシー許可と言えます。

では、介護タクシー許可を取得して、介護タクシーのドライバーとして働くことにはいったいどんなメリットがあるのでしょうか??

介護タクシーのメリット

ここでは、具体的に幾つかのメリットについて取り上げてみましょう。

介護タクシー許可を取得する一つ目のメリットは、何と言っても、需要が減ることはないという点でしょう。

つまり高齢化が進む現代の社会において、介護タクシーを利用する方々は今後も増えていくということです。

そのため、せっかく介護タクシー事業を始めることのできる許可を取得したものの、需要が減って仕事がなくなってしまうのではないかといった心配をする必要が少ないというのは事業を始めるのに大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

また、介護タクシー許可を取得する別のメリットは、公的な介護保険を利用するタクシーであるため、将来的にも安定した仕事を続けていくことができるという点でしょう。同時に、不況にも強い職業であるため、将来のしっかりとした生活設計を立てることができるでしょう。

★注意点としてタクシーでの利用時間のすべてに介護保険が適用されるわけではありませんので、事業を開始した場合には利用者にはしっかりと料金の説明をするようにしてください。
★あいまいな説明は勘違いしてしまった利用者と後になってトラブルになることもありますので、要注意です。

さらに、一般のタクシーを利用する場合とはやや異なり、介護タクシーを利用する方々の多くがドライバーの人柄などを基準として、安心して乗車できる方の運転するタクシーを選ぶ傾向があると言われています。

利用者によっては、ほぼ毎日のように介護タクシーを利用している方もいます。

こうした方々にとって、信頼できるドライバーを見つけたなら、是非とも毎回そのなじみのドライバーに乗せていってほしいと思うことでしょう。

つまり、人柄がよく信頼できるドライバーにとっては、利用者から選ばれる機会が非常に多くなるということです。

加えて、介護タクシーのドライバーとして働くことはたいへんやりがいのある仕事となることでしょう。

要支援の方や要介護の方など、体の具合がすぐれない利用者の手助けができると同時に、利用者に喜ばれ、感謝の言葉をかけてもらうことも多いでしょう。

こうした場面に遭遇する機会が多いため、実にやりがいのある仕事と言うことができるでしょう。