介護タクシーの種類

介護タクシーの種類を把握しよう

①一般乗用旅客自動車運送事業(福祉限定)

我々、運送業許可申請のコンシェルジュが中心としている許可申請がが一般乗用旅客自動車運送事業(福祉限定)になります。

訪問介護事業者が業務用の車の目印となる緑ナンバー(軽自動車の場合は黒ナンバーになります)の車両を購入して、2種免許保持者が運転するものになります。

最近は、個人事業で手軽に開業できるということからも介護事業者でない個人事業者の方で開業されている方も増加傾向にあります。

ただ個人事業主で介護タクシーを始める場合には収入が安定するまでが、かなり大変であることは最初に理解したうえで始めるようにしてください。

②特定旅客自動車運送事業

デイサービスなどを行っている介護事業者が、要介護の方を対象に、介護保険の支払いの対象となる医療施設(一般的には病院が中心になります。)とのお迎えとお送りに限って実施するための許可になります。

特定旅客自動車運送事業はその名前の通りで、特定の方たちを特定の場所に連れて行くためだけの許可になります。

一般乗用旅客自動車運送事業と比較しますと、財産要件や法令試験などが緩和されていますが、特定旅客自動車運送事業を事業者としてのメイン事業として活動していくには利益から考えると厳しいと言わざるを得ない許可であると言えるでしょう。

③自家用自動車有償運送

自家用自動車有償運送とは、所謂ヘルパー有償運送のことを言います

①の一般乗用旅客自動車運送事業の許可を取得した後に、自家用自動車有償運送の許可を取得すればヘルパーさん自身の車や会社の車を業務用の緑ナンバーや黒ナンバーに変更することなく、白ナンバーのままで利用できます。

さらには人を乗せる場合には必須となる2種免許も不要で、利用者を乗せる事が可能になりますので事業者によってはフレキシブルに活用ができるかもしれませんね。

ただし、自家用自動車有償運送を行う場合にはケアプランの作成が必要ですので、あなたの事業所で行おうと考えている場合には十分に注意をするようにしてください。

④福祉有償運送事業登録

各市区町村が主宰する福祉有償運送運営協議会で合意がされていること等、国土交通省の登録が必要不可欠です。

事業の主体は、市町村、特定非営利活動法人(NPO法人のことです)、公益法人、農業協同組合、消費生活協同組合、医療法人、社会福祉法人、商工会議所、商工会になります。

他人を運ぶことになりますので、2種免許保持者が必要なことは忘れないようにしましょう。