介護タクシーと福祉タクシー

介護タクシーと福祉タクシーとはどのような違いがあるのか

介護タクシーと似たようなもので、意外と間違えてしまうことが多いものに福祉タクシーというものが存在しています。

介護タクシーがどのようなものかは既にいくつもの記事で説明していますので、ここでは福祉タクシーについて解説していくことにしましょう。

福祉有償運送制度

いわゆる福祉タクシーと呼ばれるものは、身体障害者の外出時のタクシー利用を補助する目的で、市町村が料金の一部を負担する等の制度でできたタクシーの事を言います。

ほとんどは、介護保険を使用しないで利用され、現金及び市町村の一部補助扱いが多い模様です。

福祉有償運送制度を行っているのはNPO法人等が多いですから、利用を考える場合にはの会員登録などが必要な場合があることを覚えておくといいでしょう。

料金は全国で一律ではなく、地域によって異なってきますので一概にはどの程度とは言えないのですが、一般的にはタクシー料金の2分の1程度で利用できる地域が多い模様です。

福祉タクシーを事業として運用している事業者は比較的小規模な法人が多いため、利用できる方が人員や車両の問題からある程度制限されている場合がありますので利用を考えているときには事前に確認を行うといいでしょう。

福祉有償運送制度を導入するためには事業所のある自治体やタクシー業界関係者などで構成する「運営協議会」で必要性や対価などの事前の同意を得る必要があります。

さらに深く詳しく福祉有償運送制度の内容に関して知りたいと思われる方は、国土交通省が平成20年に発行しています福祉有償運送ガイドブックも確認してみていただけたらと思います。

平成20年に国土交通省が発行した福祉有償運送制度ガイドブック➡「福祉有償運送ガイドブック」