介護タクシー

介護タクシーってどんなもの?

介護タクシーというのは、車イスなどを利用して活用することが出来るタクシーのことで、お客様は要支援者、要介護者、身体障害者等に限定されており一般の方がタクシーとして利用することは認められていません。

一般のタクシーでは定番ともなっている流し営業、つじ待ち営業は認められておらず、利用する場合には完全予約制になっています。

介護タクシーは営業できる区域が決まっており、原則的には各都道府県単位となっています。

一般的のなタクシーと対比してみて、新たに参入することが行ないやすくなっているのです。

介護タクシーと福祉タクシーとの違い

介護タクシーと福祉タクシーとの違いですが、福祉タクシーは事業者が使用する車両が一般車両ではなく福祉車両を使用しているというだけで、運転手がケアドライバーとして(ヘルパー、介護福祉士等)介護を行う為に必要とされている資格を取得していなければ、乗降介助をすることも許されていません。

福祉タクシーは、車イスのまま車に乗れるのですが、ご家族など介助者がベッドから車イスまでの移動、車までの乗降を行わなければいけません。

介護タクシーは、運転手がヘルパー、介護福祉士等の資格を持っているので、ご家族の負担がなく一人で乗車をすることが可能です。

政府が現在は高齢化社会が非常に速いスピードで進んでいますので、在宅介護を推進していますが、在宅で家族が24時間介護するとなるとかなりの負担となりますので、移動時でも家族の負担が減るということは実際に介護を経験している身としては非常に大きいのではないかと考えています。