介護タクシーの利用者

介護タクシーは全ての人が利用できない?

一般の人が誰でも利用することのできるタクシーと異なり、介護保険介護タクシーの利用者は、法律によって利用可能な方が決められていることに注意が必要と言えるでしょう。

ではどのような方が介護タクシーを利用することができるのか説明していきます。

あなたの家族がこれから説明する方の当てはまるのであれば介護タクシーを利用することで、家族の介護の負担が少しでも減少すると思われるので積極的に利用することを考えてもいいのではないでしょうか。

★要介護者
法律によって要介護は1から5までに分類されていますが、介護タクシーの利用の場合には要介護の1から5までの重さは関係なく、要介護者であれば介護タクシーを利用することが可能となっています。

★要支援者及び身体障害者や内部障害、知的障害者等で独立した歩行をすることが困難であり、単独では公共交通機関を利用することが困難な者(その者の付添人も含むことになります)

要支援者と障害を抱えている人も介護タクシーを利用することは可能ですが、要介護者のようにすべての人が利用することができるわけではなく、単独で行動することが難しいなどの条件をクリアした方に関しては介護タクシーが利用することが認められています。