巡回指導

巡回指導対策は十分に!!

運送業の事務や、貸切バスの事業を行う際の日常業務には、帳票類の作成などを言う「運送業事務」があります。

この作業をしっかり行っていなかった場合、巡回指導や、巡回監査が入った時、大きなペナルティーを受けてしまう事がありますので、注意が必要です。

通常、運輸支局は、実際の経営がどのように行われているか判断しづらい為、帳票類を見て判断する事になるのです。

では、それぞれで詳しくポイントを押さえて見ていきましょう!

1.都度作成するもの

まずは、運送業にて記録すべき事案が起こった際には、その都度、帳票類を作成しなければなりません。

1-1.業務に関係する事

①就業規則、賃金規定
②36協定書
③事業計画変更届
④その他の許認可関係の申請書類と写し
⑤苦情処理簿

1-2.運行に関する事

①運行管理者選任届
②運転者台帳
③事故記録

1-3.整備に関する事

①整備管理者選任届
②車両台帳

2.日々作成するもの

毎日記録する必要がある帳票類です。

2-1.運行管理に関する事

①点呼記録簿
②乗務記録
③運行記録計による記録
④運行指示書

2-2.車両に関する事

①日常点検簿

3.計画の時に作成するもの

計画をする事によって行う事項については、年間の計画書として記載し、管理を行います。

3-1.運行管理に関する事

①健康診断
②運転適正検査
③運行管理に対する指導教育
④運転者に対する指導教育
⑤乗務員および整備要員指導

3-2.車両の管理に関する事

①点検整備記録簿
②点検整備実施計画

3-3.その他の帳票

①運行管理に関する規定
②整備管理規定
③異常事態発生の対応マニュアル
④その他社内規定等

4. 帳票の保存期間に関する事

帳票類は、次のような保存する期間が決められています。

4-1.保存期間5年

①健康診断の記録

4-2.保存期間3年

①労働者名簿
②事故記録
③乗務員に対する安全教育の記録

4-3.保存期間1年

①点呼記録
②乗務記録
③運行記録計による記録
④定期点検の記録

4-3.保存期間の定め無し

①日常点検
②適正診断

5.運送業事務のまとめについて

以上のような様々な決まりがあり、これらのルールに従って、不備がないように記録していきましょう。

もし日々の業務に追われて心配だ等と思われる場合は、お気軽にご相談下さい。