運送業開業までのフローチャート

事業を始めるまでの流れを理解しよう

ここでは、運送業として開業するまでに必要となる流れについて、順番に解説をさせて頂きたいと思います!

1.申請書の提出をする

まずは、申請書に不備がないようにしておき、運輸局にて受付をして貰います。

提出した書類の補正等が必要となってしまった場合につきましては、運送業許可申請のコンシェルジュにて対応致しますので、ご安心下さい。

2.法令試験を受ける

次に、運送業の許可申請をするタイミングと同時に、申請をされる方ご自身が、個人事業主なら事業主、法人なら役員が法令試験を受けて貰う事が必要になります。

この法令試験は2ヶ月に1回しかありませんから十分に試験対策を行うようにしましょう。

更に、残念ながら法令試験に不合格となった場合、この不合格が2回続いてしまうと、申請自体が一旦取り消されてしまいますので、注意して法令試験には臨むようにしてください。

合格をするのに不安がある方は、遠慮なく運送業許可申請のコンシェルジュにご相談下さい。

また、試験が終わった後に、運輸局よりヒアリングが行われますが、こちらも不安な方は合わせてご相談頂ければと思います。

3.許可を取得した通知が来ます

無事に法令試験に合格された方は、運送業許可の取得ができたら、あなたの事業所を管轄している運輸支局より連絡が入ります。

4.税金の納付

次に、上記と合わせて、申請者様の所へ「登録免許税」の12万円の納付書が届きますが、こちらはコンビニエンスストアでの支払いが不可能になっているので、銀行にて納付を行うことになります。

5.許可証の交付式に出席する

試験に合格し、許可が下りて税金を納付すると、許可証の交付式と言うものが事業所管轄の運輸局で行われます。

日程につきましては、原則として一週間くらい前に運輸支局より連絡がきます。

個人事業主は事業主が、法人は役員が出席する事になります。

6.選任届の提出

交付式の日に、運行の管理者と整備の管理者の「選任届」を提出します。

7.連絡書交付を受ける

交付式が終了すると、「事業用自動車等連絡書」と言う書類が運輸局から渡される事になります。

これは一般的な自家用車で言う、車庫証明の事を言います。

と言う事は、緑ナンバーを取得した時には、別で車庫証明を取る必要がないと言う事になります。

8.緑ナンバーの取得

申請書に記載した車両を事業用ナンバー(緑ナンバー)に変更して新車検証を取ります。

9.運輸開始届などの書類を提出

新車検証の写しや社会保険、労働保険の加入証明の写しを提出します。

また、運輸開始をする為の届や運賃料金設定表などを提出します。

10.運輸業スタート!

1から9までの過程を経て、晴れてここで、ようやく運輸業の開始を行う事ができます。

おめでとうございます!!

11.その他

ちなみに、運送業として業務を開始してから6ヶ月くらい経過するのを目安に、トラック協会による巡回指導が行われています。

日程に関しては、1か月くらい前に申請者様に通知されますのでご安心下さい。

評価はA~Eの5段階で評価される事になっており、Eの判定をされると行政処分の対象となってしまいます。

巡回指導の中で特に重点的に見られるのは、点呼簿や日報、帳票類等になりますので、毎日の業務の中でしっかり行っておきましょう。

不安がある場合については、遠慮なくご相談下さい!