運行管理者

運送業の許可に対する申請を行う場合、運行管理者を確保できていなければ、受理して貰えません。

運行管理者の条件について、詳しく解説をさせて頂きましょう!

1.運行管理者ってなぜ必要?

運行管理者は、通称「ウンカン」とも呼ばれます。

なぜ、この運行管理者が必要なのでしょうか。

例を上げてみると、例えばスポーツなどの場合、全員の選手に指示を出す司令塔のような存在がいますね。

それと同じ事で、皆を1つにまとめたり、それぞれを把握する事によって様々な指令を飛ばせる存在が必要だからです。

運送業で言うと、ドライバーさん達が、日々安全に運行できるよう、この目標を達成しつつ、道路を使って、法律を守りながら、日々業務を遂行できるように指令を出す役割となっています。

もし、この司令塔のような存在がいなければ、皆ルールを守らなくなり、危険運転や交通事故が起きてしまいかねませんから、運行管理者は必要とされているのです。

2.運行管理者の業務とは?

運行管理者の業務については、次の法律に基づいたものとなります。

①事業用自動車に乗る運転者の乗務割(配車表)の作成

②休憩・仮眠施設の保守管理

③運転者の安全教育と指導監督

④点呼による運転者の疲労、健康状態の把握

⑤安全運転の指示

⑥事業用自動車の安全を確保するための業務 など

以上のような定めが設けられているのです。

安全性のみの指示にとどまらず、健康状態や、疲労していないかどうか?等についても安全運行できる為には欠かせない運行管理者のお仕事なのです。

3.運行管理者の条件について

①トラック1台から29台までは必ず1人以上の常勤する運行管理者がいる事

②トラックが30台を超える場合、2人以上の運行管理者がいる事

③営業所が複数ある場合は、営業所ごとに①で定められている人数の運行管理者がいる事

④営業所に常勤する運行管理者を許可申請時に雇用している、または採用予定である事

⑤運行管理者は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に許可申請時、または許可取得までに加入している事

⑥車両台数に応じた運行管理者を雇用している、または許可申請時に雇用予定である事

以上のような事が運行管理者の選任について定められております。

4.よくある質問!

Q:運行管理者は、派遣社員でもいいの?

A:派遣社員でないといけないと言う条件はないのですが、派遣社員の場合、2ヶ月を超える勤務をすると言う雇用契約をしていると言う事が必要です。