駐車場と車庫

運送業の許可申請をする際、駐車場や車庫を選ぶ時にも、多くの方が苦労されるポイントとなります。

基本的には、安全性が確保されるのであれば問題なのですが、その条件は細かい定めがありますので、見ていきましょう。

1.駐車場や車庫の安全を確保する条件とは

まずは、下記をご覧下さい。

駐車場と車庫の条件

駐車場や、車庫の条件は、このようになっております。

2.車両と駐車場、車庫の大きさの目安とは?

こちらも、まずは下記の表をご覧下さい。

車庫の大きさの目安

以上が車両と駐車場、車庫の目安となります。

ただし、この目安ギリギリを見積もってしまい、実際に運輸局から問題があるのでは?と疑問を持たれる事によって不適合と言う結果になってしまう可能性もありますから、なるべく余裕を持って広めの場所を確保するようにした方が無難でしょう。

3.車両を停める駐車場は1か所だけにしないといけないのか?

答えから申し上げますが、駐車場は2ヶ所に設けても問題ありません。

運送業の許可を得る為には、最低でも5台のトラックが必要ですが、これらのトラック全てを1か所に停められる駐車場が見つからない場合がある為です。

ただし、別の場所にするにしても、営業所から直線距離で10km以内にしなければならない事には変わりありませんので、ご注意下さい。

4.実際に、使用できるかどうかの判断は、どこがしているの?

よく、運輸支局の職員などに伺うと、「警察が判断します」などと言う回答をされる場合があるのですが、これは間違いです。

運送業における駐車場などを、使用できる場所かどうか判断しているのは、最終的には運輸局長となっています。

警察は、管轄している場所が駐車場として問題ないかどうかの意見を運輸局に述べる程度です。

また、各運輸局によっては、現在、警察に意見を求める事がなくなっている局もあります。

5.まとめ

運送業の許可では、事務所と同じように、駐車場や車庫を選ぶ際も慎重さが求められます。

場合によっては、賃料がムダになってしまったり、余計な時間を取られる場合もあります。

わからない事や、不安な事があれば、お気軽に運送業許可申請のコンシェルジュへご相談下さい。