資本金

運送業として会社を設立する場合には、資本金というものが必要となりますが、この資本金とは、そもそも何の事なのでしょうか?

運送業設立における、資本金について、まとめて解説させて頂きたいと思います。

1.運送会社の設立における資本金って何?

資本金と言えば、運送会社だけではなく、様々な会社を設立する上でも用意する事になりますから、大体の方はお分かりのことだと思われます。

しかし、具体的に資本金とはどういうものか?と聞かれてしまうと、よくわからない方もいらっしゃると思うので、ここではわかりやすく解説させて頂きます。

資本金とは、会社を設立し、事業を開始して、しばらくの間の事業を運営する為に必要となる運転資金のことを意味しています。

一緒に、少し考えてみて下さい。

会社を設立し、事業を始めた場合と言うのは、始めたばかりでまだ事業がうまく行っていない場合であっても、従業員が居れば、その従業員の給与を毎月支払わなければなりません。

また、その他にも、電気代等の公共料金から、社会保険料の支払い、そして交通費など、会社を運営するためには様々な経費が必要です。

この、しばらくの間にかかる経費に充てる為に用意するのが、資本金なのです。

事業を始めて次の日には、お客様から依頼があり、すぐに入金があったと、簡単にうまく行けば良いですが、通常は数か月かかると推測されますので、一定の金額を資本金として用意しておく必要があります。

2.資本金っていつから使えるの?

一般的に、資本金については、会社を設立するときに、その会社の代表取締役になる方の個人の口座へ資本金を振り込みます。

のちに、その口座の通帳コピーを取り、様々な必要書類と一緒に法務局へ提出する事となります。

この法務局へ提出をした後であれば、資本金を使っても良い事になっているのです。

勿論の事ながら、事務所に必要となる家具や、家電、OA機器などを購入する費用に使っても良いと言う事になります。

もっとわかりやすく言うと、コピーを取ってしまえば、その日からでも自由に使う事が可能と言うわけですね!

3.まとめ

資本金は使ってはいけないのではないか?と言う印象をお持ちの方も多いと思うのですが、資本金は使っても良いお金です。

事業を上手く継続していく為にも、必要ですから、事業を開始する為の資金に充てても良いと言う事になります。

ただ、事業を始める時の資金については、入念な計算をしておく必要があります。

運送業許可申請のコンシェルジュでは、運送業の許可や設立に関するプロフェッショナル集団として、他の事務所にはない知識を沢山豊富にご用意しております。

是非、お気軽にご相談下さいませ!