運送会社を設立

よく、お客様からの相談のなかで、運送会社の設立後、2~3か月程度で事業を始めたいとご相談をお受けする事があります。

しかしながら、設立をして、すぐに運送業を開始できると言うわけではないのです。

設立から実際に事業を開始するまでには、以下のような順序があります。

①法人の設立を行う

②運送業の許可を取得する

③運送業として開始する

以上の順序を経て、事業の開始を行う事となります。

基本的に、上記の順序を期間としてトータルすると、早い場合であっても最低6か月と言う期間を要する事となります。

これは、運送業許可申請のコンシェルジュのようなクルマ関連専門の事務所に依頼した場合でもと言うお話ではないかと考えています。

と、言う事は、ご自身で手続きをするとなると、本業をおろそかにすることはできませんので、もっとお時間がかかってしまう事がお分かり頂けると思います。

では、実際に、何に関する事で、どのくらいの期間がかかるのか、具体的に見ていきましょう!

1. 運送会社の設立にかかる期間

まず、運送会社の設立についてです。

設立には、会社の名前、事業をする場所となる営業所、そして決算の月(何月に年度の帳簿を閉める月にするかということです)等を決定し、必要書類を用意して法務局に提出する流れとなります。

一般的には、行政書士に会社設立を依頼すると、1日~3日程度かかります。

そして、実際に法務局に提出を行ってから法人として設立が完了するまでが、およそ1週間程度となります。

ただし、ここでご注意頂きたいのが、運送業として使用をする営業所自体を、会社の住所とする場合、運送業の許可に関する要件に合っている営業所を見つける事が出来るまでは、書類が整わないと言う点です。

ですから、この時点において、要件が合っている営業所や、気に入る場所が見つからないとなれば、その分、会社の設立には時間を要する事となります。

ちなみに、運送業許可申請のコンシェルジュの依頼者様の場合では、統計的に見ると、営業所を見つけるまでに1か月程度の期間を要しております。

ですので、運送会社の設立にかかる期間としては、大体1か月プラス2週間程度となります。

2. 運送業許可の取得にかかる期間

次に、許可の取得にかかる期間についてです。

こちらは、大体3か月程度となっております。

上記の流れでもお分かりの通り、法人の設立を行ってから運送業許可の申請を行い、許可を取得すると言う流れになります。

基本的には、法人の設立が行われるまでの期間内に、運送業の許可申請に関する必要書類を作成し、設立したらすぐに申請をする事が出来る流れとなりますから、期間として3か月程度と見込んでいます。

この3か月と言う期間が必要な理由としては、運送業許可の申請窓口である運輸局側が、審査をするのに3か月必要としているからなのです。

4.許可を得てから事業開始までの期間

最後に、運送業の許可を取得してから、実際に運送業として開始するまでの期間です。

この期間としては、大体3週間程度となっております。

許可を取得したらすぐ、運送業として開始できると言う事ではなく、実際には許可証の交付式や、社会保険加入、そしてトラック緑ナンバーを取得したり、自動車の任意保険等へ加入する等、する事が沢山ある為、これくらいの期間を要します。

そして、これらの作業を全て終了させて、やっと運輸局へ運送業の開始をする旨の書類を提出する事が出来るのです。

4.まとめ

以上が、それぞれにかかる期間と言う事になります。

ただし、これはあくまでも運送業の専門家として行政書士にお願いした場合の期間であり、専門としていない所へお願いすると、もっと長い期間がかかってしまいます。

行政書士業務は、実際の所1000種類以上あると言われ、すべての行政書士が運送業の会社設立を得意としているわけではなく、それぞれの事務所には間違いなく得意分野が存在しています。

ですから、その得意分野として業務をこなしている行政書士にお願いする事で、業務のスピードは断然速くなる事は、皆さまのご想像通りとなります。

運送業許可申請のコンシェルジュでは、運送業の設立に関して得意分野として事業を行っておりますので、安心してご依頼下さい。

また、上記でも申し上げているように、場所の選択に迷った等の場合には、実際に6か月以上の期間を要する場合もございます。

これらの迷いに関しても、運送業許可申請のコンシェルジュでは、依頼者様に対し、どのような選択方法が一番良いかと言うアドバイスを行い、徹底的にサポートさせて頂きますので、何でもお気軽に、ご相談いただければと思います。