整備管理者と整備管理補助者

運送業の許可においては、運行管理者と並び、「整備管理者の選任」と言うものが必要です。

まずは、その選任が必要な理由から見ていきましょう!

1.整備管理者の選任が必要な理由って何?

トラック等の一般車両とは違う構造を持っている車両が、もし事故などを起こした場合は、損害が大きくなったり大事故に繋がりかねません。

ですから、これらのような特殊な車両を使う事業をする場合は、それらの事を詳しく分かる専門知識を持った人が車両の管理や整備をする必要があるのです。

これらのような事態を防止する為、整備管理者が必要となります。

整備管理者が、車両を管理する事で、責任体制を確立する事ができる上、安全運行かつ、環境保全を図る事ができます。

このような理由から、整備管理者を選任する義務が課せられているのです。

2.整備管理者の選任についての定めとは?

整備管理者の選任についての定め

上の表のように、選任には定めが設けられております。

3.自動車整備士技能検定について

自動車整備士技能検定を受ける為には、中学校を卒業以上であり、1年以上の自動車整備の実務経験が求められます。

ですから、要件を満たさない人は受けられませんのでご注意下さい。

4.整備管理者になる為の条件とは?

整備管理者になるための条件

上の表のように、整備管理者になるには上記のような条件が求められています。

※ただし、自動車車体整備士や、自動車タイヤ整備士、自動車電気装置整備士などは、整備管理者の条件を満たしませんのでご注意下さい。

5.資格と兼任の可否について

以下の表を参考にして下さい。

資格と兼任の可否

6.整備管理補助者について

整備管理者に代わり、トラックの点検や整備などを行います。

必ず申請する時や、許可を取得する前までに補助者の選任をする事が義務付けられております。

6-1.整備管理者補助者の要件

整備管理補助者には、常勤である社員や、派遣社員である事以外に、特に要件はありません。

ドライバーでも問題ありませんし、資格や実務経験に関しても不要となっております。

7.まとめ

以上、整備管理者補助者について、解説させて頂きました。

不明な点がありましたら、お気軽に運送業許可申請のコンシェルジュまで、ご相談頂ければと思います。