事務所と駐車場

運送業の許可を得て、開業をする場合に、必要となるのが事務所や駐車場(車庫)などの場所選びです。

ここで気をつけておきたい事とは、一体どのような事なのでしょうか?

1.事務所選びで気をつけておく事

休憩室を含む、事務所を選ぶ時には、申請の条件をクリアする必要があります。

もし、事務所にしたいと思った場所(休憩室を含みます)が、「市街化調整区域」となっている場合は、条件をクリアする事ができないのです。

この市街化調整区域と言うのは、都市計画法と言う法律によって、「自然環境を守る為に、開発をしたり建築をする事を制限していますよ~」とされているのです。

どんな法律なのかが気になる方は一度条文をチェックして確認してみてもいいかもしれませんね。
参考(都市計画法条文)➡「都市計画法条文」

また、市街化調整区域とは呼ばれない場所であっても、都市計画法の内容により、次の2つが該当しない事が条件となっています。

①第一種及び第二種低層住居専用地域

②第一種中高層住居専用地域(※例外あり)

以上の2つの場所でないと言う事も、条件となっております。

1-2.自宅を事務所する場合、休憩室で注意しておきたい事

自宅を事務所として開業を検討されている方は、休憩室に注意する必要があります。

それは、すでにある建物ですから、必ずしも事務所や休憩室として使う事ができるとは限らないからです。

これまでのお客様の中にも、法律による条件をクリアできずに、仕方なく自宅ではない別の場所で事務所を借りられた方もいらっしゃいます。

ただ、事務所や休憩室の条件に関しては、あなたが事業所を設置する予定の市町村によって異なっていることもありますので、①の場所では使用できたが②の場所では使用できなかったというケースもありますから、絶対に不可能というわけではありません。

これらを確認する場合は、法務局で資料を取得したり、官公署(都道府県や市区町村役場などのことです)に確認する必要がありますから大変手間となってしまいますので、もしも自分で調べる!と言う方は、覚悟する必要があります。

2.駐車場(車庫)選びで気をつけておく事

次に、車庫などの駐車場ですが、これらを選ぶ際に気をつけたい事は、周辺の環境や、駐車場の面積、そして車庫出入り口前の道路の幅などが上げられます。

トラックを駐車できる十分なスペースがあるかどうかや、出入り口前の道路の幅が、トラックがすれ違う事ができる幅であるかどうか?また、駐車場の近くに踏み切りや交差点がないかどうか?等がポイントとなり、警察や運輸局が決めている条件をクリアする必要があります。

このような事から、お客様ご自身が探された場所でも、条件に合わず、許可が得られないと言う問題が発生しますから、候補地がお決まりの方につきましては、運送業許可を取り扱っているプロへご相談して頂くとスムーズに事が進むはずです。

3.まとめ

今回は、運送業を始める際に重要度の高い、事務所の場所選びや、車庫となる駐車場選びについて注意しておきたい点をまとめて解説させて頂きました。

わからない事や、不安な事は、お気軽にご相談下さい。