個人事業か法人か?

個人と法人のどちらで開業したほうがお得なのか??

よく運送業を開業したいと考えている方から、「個人で運送業を開業する事はできますか?」と質問をいただくのですが、答えとしては「もちろん可能」だとお答えしています。

個人事業と法人のどちらで開業されるかどうかについては、開業を検討されているお客様ご自身の置かれている状況にもよりますから、簡単にどちらがふさわしいと判断するのは難しい事です。

ただし、個人で運送業をするにも、法人でするにも、それぞれの特徴を理解しておくことで、良い判断材料になるはずですから、今回はそれぞれのメリット・デメリットについて解説させて頂きましょう。

1.個人運送業のメリット・デメリット

1-1.メリット

まずは、個人で運送業として起業される場合、最大のメリットは法人として設立する時に必要となる費用が必要ないと言う事が上げられます。

安く済むのであれば、良い事だと言えるでしょう。

1-2.デメリット

デメリットとして上げられる事は、法人より規模が小さい為、社会的信用度からすると、法人より劣ってしまいます。

また、将来的に法人化したいと考えた時、運送業許可の譲渡と、譲受認可が必要となります。

更に、法人化をする時には、法令試験を再度受験する必要がある他、例え利益が出たと言う場合でも、節税対策として効果的な事を取る事ができないと言う点にあります。

いずれは法人化して事業を行いたいということを考えているのであれば、最初から法人で始めるほうが手続きに関しては簡単と言えるかもしれません。

2.法人運送業のメリット・デメリット

2-1.メリット

まずは、法令試験の受験が一回だけで済むと言う事が上げられます。

また、個人とは違い、規模が大きくなりますから、社会的な信用度は高くなります。

次に、銀行から融資を受けられやすいと言う点や、消費税の減免期間があるのもメリットです。

更に、利益が出た場合、節税対策が取りやすい事が上げられます。

2-2.デメリット

一方、デメリットとして上げられるのは、個人とは逆となる法人設立に関する費用が16万円~20万円程度必要となっております。

また、会計の処理が複雑になる事が予想される為、決算等の税務関係の処理を別で税理士等にお願いするとなると、その分報酬としてお金を支払いますから、コストがかかると言えるでしょう。

3.まとめ

いかがでしょうか?個人で起業するか、法人で起業するかは、勿論の事ながら個人の自由です。

上記で見ると、個人の方がデメリットが多くなっている為、法律面から考えても将来的に法人化を検討されるのであれば、最初から法人化されると言うのも1つの手ですし、逆に「まずは個人から試してみたい」と言う事であれば、それも1つの理由ではないでしょうか。

人それぞれ様々な事情がありますから、悩まれている際などは、お気軽にご相談いただければと思います。