軽貨物運送

黒ナンバーって何?

皆さんも一度は「黒ナンバー登録」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

一般的に黒ナンバーとは、「貨物軽自動車運送事業」のことを表します。

具体的には、軽貨物自動車を使用し、貨物の輸送を行う運送業のことをいいます。
この、貨物軽自動車運送事業は、貨物自動車運送事業法という法律の第2条にて、「他人の需要に応じ、有償で、三輪以上の軽自動車および二輪の自動車を使用して貨物を運送する事業」というように定義がなされております。

貨物自動車運送事業法第2条

参考として上記でも紹介している、貨物自動車運送事業法の第2条について紹介しておきますので、参考にしてください。

第二条 この法律において「貨物自動車運送事業」とは、一般貨物自動車運送事業、特定貨物自動車運送事業及び貨物軽自動車運送事業をいう。
2 この法律において「一般貨物自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く。次項及び第七項において同じ。)を使用して貨物を運送する事業であって、特定貨物自動車運送事業以外のものをいう。
3 この法律において「特定貨物自動車運送事業」とは、特定の者の需要に応じ、有償で、自動車を使用して貨物を運送する事業をいう。
4 この法律において「貨物軽自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車に限る。)を使用して貨物を運送する事業をいう。
5 この法律において「自動車」とは、道路運送車両法(昭和二十六年法律第百八十五号)第二条第二項の自動車をいう。
6 この法律において「特別積合せ貨物運送」とは、一般貨物自動車運送事業として行う運送のうち、営業所その他の事業場(以下この項、第四条第二項及び第六条第四号において単に「事業場」という。)において集貨された貨物の仕分を行い、集貨された貨物を積み合わせて他の事業場に運送し、当該他の事業場において運送された貨物の配達に必要な仕分を行うものであって、これらの事業場の間における当該積合せ貨物の運送を定期的に行うものをいう。
7 この法律において「貨物自動車利用運送」とは、一般貨物自動車運送事業又は特定貨物自動車運送事業を経営する者が他の一般貨物自動車運送事業又は特定貨物自動車運送事業を経営する者の行う運送(自動車を使用して行う貨物の運送に係るものに限る。)を利用してする貨物の運送をいう。

これをもっと分かりやすく説明させて頂くと、軽貨物自動車、または125cc以上のバイクで運賃を貰い、貨物を運ぶ事業だと覚えて頂ければと思います。

黒ナンバー運送業の魅力としては、1人で開業できるという点や、小資本で開業できるという点があげられます。

さらに、黒ナンバー運送業の場合には、他の一般貨物自動車運送事業許可などに比べ、許可の取得が比較的簡単であるという点がポイントとなります。

一般貨物自動車運送事業と軽貨物運送(黒ナンバー)の違い

運送業では、次の法律によって3種類に分類されています。

一般貨物と軽貨物の違い

まず、①の一般貨物自動車運送事業の定義を確認します。

「他人の需要に応じ、有償で自動車(三輪以上の軽自動車および二輪の自動車を除く)を使用して貨物を運送する事業であって、特定貨物自動車運送事業以外のものを言う」

つまり、軽貨物自動車やバイク以外の貨物自動車で運賃を貰い、貨物を運ぶ運送業が一般貨物自動車運送事業ということになります。

それに対し、貨物自動車運送事業(黒ナンバー)は、125cc以上の軽貨物自動車やバイクを使用して行う運送業となるのです。

通常、一般貨物自動車運送事業の許可を取る為には、最低5台以上のトラックを揃えることや、5人以上の人・営業所・休憩室・駐車場など確保すること、その他にも、約1,000万円程度の自己資金が事業開始に必要とされており、様々な要件が求められます。

しかし一方で軽貨物運送(黒ナンバー)は、一般貨物自動車運送事業に比べると、はるかに要件が少なく、許可を取得する難易度としては低くなるのが利点です。

実際に軽貨物運送(黒ナンバー)は儲かるの?

これは事業を行っている方々によって違いがありますから、一概にはいえないのですが、比較的儲けを出している方が多いのは確かな事実です。

平均的な月の売上としては30万円~50万円前後とされていますが、このくらいの売上を出している方々は、他の軽貨物運送会社の業務委託として行われている方が多くなります。

軽貨物運送(黒ナンバー)の車種と任意保険

車種について

軽貨物運送(黒ナンバー)として事業を行う場合、どのような車種だったら良いのか気になりますよね。

これは、車検証上の用途が「貨物」になっており、軽自動車であれば登録できるのです。つまり、車種というよりは、車検証上の用途の問題となります。

ちなみに、一般的によく街中で見かける車種としてはエブリイバンや、ミニキャブバン、ハイゼットバンなどがあげられます。

保険について

黒ナンバーの自動車任意保険料は、自家用車に比べ、料金が2~3倍高くなります。

その理由は、黒ナンバーの場合、営業用として使う為、事故を起こしてしまう確率が高くなってしまうからなのです。

更に、黒ナンバーの場合は保険を扱っている損保会社も限られています。

一般的には、損保ジャパンあいおい、東京海上、三井住友海上、朝日火災、富士火災、共栄火災などがあげられます。

ちなみに、朝日火災や富士火災は、他の損保会社に比べて1割~2割程度安くなりますので、参考にしてください。

また、これは自家用車の場合でもいえることではありますが、保険会社を選ぶ際には、実際に事故が起きてしまった時に良い対応をしてくれる代理店を選んでおくことが重要です。

事故が起きた時に、しっかりとした迅速な対応をしてくれる所でなければ、仕事に支障が発生してしまいます。

どの代理店が良いかどうかは、しっかりと事前に見極める必要があるということなのです。

軽貨物運送(黒ナンバー)、取得・開業の流れと期間について

次に軽貨物運送の取得と開業までの流れを確認してみましょう。

軽貨物運送の取得の流れ

軽貨物運送(黒ナンバー)の登録申請については、書類に不備がない場合、申請した当日に事業者として登録されることになります。ですから、その日の内に車両ナンバーの変更まで行うことができれば、その日から事業を始めることができるのです。

ただし、申請をする日までの間には、車両・営業所・駐車場などを確保したり、申請をする書類を作らなければなりませんから、それらを踏まえて準備する必要があります。

黒ナンバー取得の要件について

では次に黒ナンバーの取得要件を確認しておきましょう。要件は次の5つをポイントとして抑えておきます。

黒ナンバー取得の要件

では、それぞれ詳しく確認してみましょう!

①営業所、休憩、睡眠施設について

◆営業所、休憩施設、睡眠施設は、車両を駐車する車庫より半径2キロ以内であること
◆営業所、休憩施設、睡眠施設は、都市計画法上の市街化調節区域と呼ばれる場所ではないということ
◆市街化区域になる場合には、建物を事務所として使用できる区域にあるということ
◆適切な使用権限があるということ
◆建築基準法、農地法など、関係している諸法令に触れないこと。など(※自己所有、賃貸どちらでも可)

②車両について

◆軽貨物自動車運送事業の車両を1台以上確保している
◆2輪車は排気量が125cc以上であること
◆事業に使う車両の車検証用途欄が「貨物」になっている軽貨物自動車。など

③車庫について

◆営業所、休憩施設、睡眠施設から半径2キロ以内であること
◆営業用車両を容易に駐車できる広さがあるということ
◆屋根付きの車庫(有蓋車庫)、ガレージ、倉庫の場合は、市街化調節区域ではないこと
◆適切な使用権限があるということ
◆建築基準法、農地法など、関係している諸法令に触れないこと。など

④運送約款について

適切な運送約款の設定が必要となります。
◆旅客の運送を行うことを想定しているものではない
◆料金や運賃の収受、また軽貨物自動車事業者の責任に関する事項が明確に定められているということ

⑤運行管理体制について

軽貨物自動車運送事業の適切な運営を確保する為、運行管理体制の整備をする必要があります。

⑥損害賠償について

自動車損害賠償保障法に基づいた責任保険や、責任救済に加入する旨を計画しておく。
その他にも、一般自動車保険の契約を結ぶなど、十分といえる損害賠償の能力を有することが必要とされています。
ちなみに、自賠責保険と自動車任意保険には加入することになります。

運行管理者と整備管理者について

軽貨物運送(黒ナンバー)として事業を行う場合は、運行管理者や整備管理者は必要ありません。

軽貨物運送(黒ナンバー)のメリット・デメリット

軽貨物運送(黒ナンバー)として事業を開始する上でのメリット・デメリットを見てみましょう!

メリット

・一般貨物自動車運送事業などに比べ、確実に早く事業を開始することが可能
・1人、車両1台からでも事業を開始できる
・登録免許税が不要
・営業用ナンバーなので、自家用車に比べ、重量税や自動車税などの税金が安い
・努力すれば一般貨物自動車よりも売り上げを確保することが可能

デメリット

・自家用車に比べ、自動車任意保険料が高い
・個人で開業する場合、他に従業員が居ない為、自分以外に動ける者がおらず、稼働する日数が売上に直結してしまうこと
・大手の軽貨物運送会社の業務委託で開始する場合には、ロイヤリティの支払いが発生する

まとめ

軽貨物運送(黒ナンバー)として開業する場合は、小さな資本で開始したい方向けです。

開業を検討されている方は、是非お気軽に運送業許可申請のコンシェルジュまで、ご相談・お問合せください。