運送業開業のポイント

これから運送業を開業する時や、運送業許可を取得する場合に、みなさまが共通して苦労されると予測されるのポイントとして、資金の問題や、事業で使用する車両の駐車場の場所を確保する問題等が上げられます。

これらを2つに分けて解説させて頂きますので、是非とも開業を検討されている方は、事前に参考にしてみて下さい。

1.苦労ポイント①開業資金

運送業はトラックを使用し開業を行うわけですが、自己資金と言って、ある程度のまとまったお金を事前に用意できていることが必要になります。

この自己資金があると言う事を証明できなければ、あなたがいくら運送事業を行いたいと考えていても、運送業の許可を取る事ができないのです。

ですから、開業を検討されている方は、まず「自己資金を十分に確保できていること」が絶対的な条件となってきます。

1-1.いくらあれば開業できる?

一般的な開業までの必要な資金をまとめて表にしてみましたので、あなたの現在の状況と照らし合わせて参考にしてみていただけたらと思います。

運送業許可要件

2. 苦労ポイント②駐車場探し

運送業の許可を申請する上では、事務所の場所と、駐車場などの車庫を選ぶのが大きなヤマだと思っておく必要があります。

その理由としては、見つかっても法律の条件をクリアできなかったり、開業を使用と考える経営者(お客様)が気に入った場所を見つけられないと言う事が多いからなのです。

例えば、せっかく良い所が見つかった!と言う場合でも、条件をクリアできずに泣く泣く断念したり、出入り口の前にある道が県道となっていて、幅が広い等の問題が発生します。

また、トラックは一般車両とは違い、大きいので場所が広くないといけませんから、元々駐車場が少ないと言う中で、探さなければならないということも悩みが大きいというわけですね。