運送業事例まとめ

1.開業するには、どのくらい費用がかかるの?

運送業の許可を申請する際に、運送業開業資金として必要となる金額の目安はおおよそ「600万円~1600万円」程度であると言われています。

上記の金額のように、必要な開業資金に幅があるのには理由があり、開業をする際に必要となるトラックが4tトラックなのか?若しくは10tトラックなのか?によっても違いが出ますし、準備するトラックが新車か中古車かによっても違いが生じる為です。

更に、一部を中古にしたり、ハイエースのような小型車(商用バン)が入る場合もあります。

ご相談やお問い合わせをいただいきました方の中から統計を算出しておりますので、下記の表をご覧になってみてください。

運送業の開業費用目安

上記の資金の中には、一年分の税金、二ヶ月分の従業員給与、車両リース料六ヶ月分、点検費用、事務所・駐車場にかかる六ヶ月分の経費が含まれている金額になります。

更に、従業員の給与に関してですが、上記では二ヶ月分として算出しておりますが、運営開始後に、どのくらいの仕事量が確保できるかどうかによっても準備をしておくべき期間の長さが変動する可能性がありますので、十分にご注意下さい。

また、賃貸にて事務所や駐車場を借りているか?や、自分で所有している場所を使うのか?等、の場合によっても金額が前後することになります。

ご自身の事情に合わせて、どのくらいかかるのかを見ておくと良いでしょう。

2.まとめ

上記の事からお分かり頂けると思いますが、一般的な会社を作る場合の金額とは桁が大幅に違う為、資金の調達が困難だと思われる方もいらっしゃると思います。

そのような方も、是非一度運送業許可申請のコンシェルジュまでご相談頂ければ、費用捻出に対するノウハウをお伝え致しますので、お気軽にご相談下さい!