自動車保険

加入は必須!!自動車保険

例え一度であったとしても交通事故を起こしてしまいますと予想以上に大きな損害が発生し、あなたが加害者になった場合には金銭面からの損害賠償責任が課せられることになります。

クルマを保有すればオーナーの意思に関わらず、強制的に加入しなければいけない保険である自賠責保険にはすべての方が加入しています。

しかし問題なのは自賠責保険は交通事故を起こしてしまった場合の補償範囲が限定的になっており、補償限度額が実際の交通事故の被害額と比較した場合には、とてもではありませんが補償としては十分な金額であるとは言えないでしょう。

たまに見受けられますが、ドライバーのなかには、自分は安全運転し運転には自信があるから保険に入らなくても大丈夫と思っていたとしても、あなたの会社以外の多くの自動車が通行しているモータリゼーションの発展した日本では、いつ自分の会社のクルマが事故に巻き込まれるかはわからないのです。

例えは、あなたの会社のクルマが後ろから第三者に追突されてしまい、その追突の激しい衝撃のため運が悪く前方を走っていたり停まっていたりしたクルマに当たってしまえば、あなたの会社のクルマが交通事故の直接的な原因となっていなかったとしても交通事故の加害者の一部となって相手に対する損害賠償責任が発生してしまうこともあるわけです。

相手のクルマの修理費・被害者の身体の怪我の治療費などのの補償額は決して少額ではないことはクルマの価格を考えてみればよく理解できるのではないでしょうか。

上記のような理由からも、突然に遭遇してしまう可能性のある事故への万が一の備えとして、任意加入であるものの自動車保険に加入しておくことがリスクを回避するためにも絶対に必要となってきます。

一括りにして自動車保険といっても、その内容は加入者のニーズにより多岐にわたっており、主な保障は車両保険・対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・人身傷害というものが保険会社によって用意されています。

上記の基本特約の他に特約を付帯して、あなたの会社が加入する保険が補償される範囲を広げることも可能になっています。

自動車保険の補償を理解しよう

保険会社各社の自動車保険に用意されている基本的な補償は主に3つに分かれているようです。

①相手への補償
(1)対人賠償
・自動車事故により他人の身体へ危害を加え、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償になります。
(2)対物賠償
・自動車事故により他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償になります。

②自分への補償(人身傷害保険)
主に自動車事故により死傷した場合の補償となります。(自動車保険を提供している保険会社によって内容は異なることがありますから必ず確認するようにしましょう。)

③クルマに対する補償(車両保険)
偶発的なな事故などによる保険契約をした自動車の修理費などの損害について補償になります。

普段は遭遇しないものの万が一にも自動車の運転中に交通事故に遭遇し相手を傷つけてしまったら、自分のクルマがダメになってしまったらどうしよう??といったあなたの会社のドライバーの不安に備える自動車保険。

起こった交通事故の大きさによっては、非常に高額な慰謝料や損害賠償責任が発生する恐れもあります。

運転を過信することなく、会社のクルマには必ず自動車保険に加入するようにしましょう。

それが結果的にあなたの会社と会社の従業員や家族を守ることにもなることを忘れないようにしてください。