Gマーク取得方法

上記のGマークのステッカーを貼った貨物自動車等を、日々の運転の場面で見かける場合もあると思いますので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、画像を見て初めて聞くまたは知った方もいらっしゃると思います。

今回は、そのGマークに関する解説と、取得方法について触れていきたいと思います!

1.そもそもGマークとは何か?

まず始めに、Gマークについてご説明しましょう。

Gマークと言うのは、「安全性優良事務所」と認められている運送会社が使う事のできるシンボルマークとなっております。

わかりやすく言うと、Gマークを使用している会社は、守る必要がある法律をしっかりと守っており、事故の削減の為、安全性に対する向上への取り組みをしている運送会社だと言う意味になります。

Gマークを使用する為には、全国トラック協会の出先機関となる、適正化事業実施機関の審査を受け、認定を受けてから晴れて「安全性優良事業所」となれるのです。

更に、このGマークの認定を受ける事を、Gマーク認定と言います。

申請をする事は、Gマーク申請です。

ただし、現在では、運送業者を営む方々の間では、申請でも認定でも、共通してGマークと呼ばれております。

2.Gマーク認定を受ける為の4つの条件を見てみよう!

Gマークを受ける為には、4つの条件をクリアしなくてはいけません。

また、合格点と言うものがあり、100点中80点以上が必要とされております。

条件については以下の表をご覧下さい。
Gマーク取得

以上の表のように、4つの条件をクリアする必要があり、この条件をクリアできないとGマークを取得する事はできないという事になります。

3.Gマークの申請自体ができない会社がある?

実は、Gマークの申請自体ができないと言う会社があります。

それには、どんな運送会社であっても以下の表にある7つの申請する為の資格をもっていなければならいと言う事なのです。
以下の表をご覧下さい。

Gマーク取得方法

①②③⑦は、決められた事ですから仕方がないのですが、④⑤⑥については想像しただけでも申請の条件から外れる事がお分かりになると思います。

4.まとめ

以上Gマークに関する認定や、条件の解説となります。

ちなみに、平成28年度の統計によると、Gマークの認定を受けている乗車は全体の27%前後となっており、まだまだ少ない状態ですから、これからどんどん取得に向けて取り組んで頂きたいと思います。

運送業許可申請のコンシェルジュでは、Gマークの件についても、ご相談に乗らせて頂きますので、お気軽にお問合せ下さいませ。