自動車保険料

保険料のクラスが増加されることに

損害保険料率算出機構は、現在9クラスに分類されている自家用の普通乗用車・小型乗用車の保険料を、2020年1月以降に現在のクラスの間に新しいクラスを追加することになりました。

結果として2020年1月以降の保険料のクラスは9クラスから17クラスに約倍増されることとなります。

型式別料率クラスも導入される

また、新たに現在一律となっている自家用軽自動車の保険料率に「型式別料率クラス」を導入して、3クラスに分類することも決定したようです。

現在の保険料と変化がないのがクラス2となり、クルマの安全性能が高いと判断されたクルマはクラス1となり保険料が値下げされることとなります。

また例として古い軽自動車のように安全性が低いと判断されたクルマはクラス3に分類されて、現在の保険料よりも支払う金額が高くなることとなります。

クラス1

最新型の安全システムが採用されており、現在よりも支払い金額は安くなる。

クラス2

現在の軽自動車と同じ内容で、保険料率には変化なし。

クラス3

安全装備が装備されていない又は古いクルマであり、現在よりも支払い金額は高くなる。