高速道路開通

高速道路ナンバリングが全国で

国土交通省は、日本語をあまり理解できない海外からの観光客をはじめとして利用者全てが簡単に理解できるようにとの目的から、これまでは一部の地域であった高速道路ナンバリング制度を2018年の4月からは全国で開始しています。

既に高速道路ナンバリングについては知っている方もおられるでしょうし、知らない方も高速道路での標識で見たことがあるかもしれませんが、どのような表記なのかを確認しておきましょう。

アルファベットと数字で道路を確認可能

高速道路ナンバリング制度では、すべての高速道路をアルファベットと2ケタの数字で識別可能なように、高速道路にナンバーをつけるものになります。

上記でも説明していますが、2017年の2月から圏央道で導入が開始されまして、4月までに全国的にナンバリングは展開されています。

全国で高速道路ナンバリングが始まってはいますが、全ての高速道路に対してのナンバリングは膨大な量になりますので、まだ完成はしていません。

制度を開始した国土交通省によれば、全ての高速道路のナンバリング完了は東京オリンピックが開催される2020年までには完了させる予定であるということです。

運送会社に関しても、道路のナンバーで経路を解析できるようになるなど高速道路ナンバリングが経営の効率化にもつながる可能性がありますので注目すべき制度であると言えるでしょう。