峠道

箱根ターンパイクが命名権売却で名称変更

箱根ターンパイクは命名権(ネーミングライツ)をアネスト岩田が購入したことを発表しました。

これにより3月1日から箱根ターンパイクはアネスト岩田・ターンパイク箱根と名称を変更することになりました。

箱根ターンパイクは以前もトーヨータイヤ、Mazdaなどが命名権を購入して名称変更していましたが、最近は箱根ターンパイクに戻っていたのですが、アネスト岩田の命名権購入で久しぶりに名称が変更されることになりました。

大観山スカイラウンジもアネスト岩田 スカイラウンジと名称が変更されます。

また名称変更に伴い、高速道路などですでに行われている自動車ナンバリングを箱根ターンパイクに導入することも発表されました。

自動車ナンバリングの詳細については、国土交通省発表のデータもご覧いただけたらと思います➡「高速道路ナンバリング」

自動車ナンバリングは運送会社の場合にもどこを走るべきかなどのルート決定の助けにもなりますので、元々は観光で訪れる外国人旅行者のためですが、物流の利便性にも奴に立ってもらえればと思います。