自動切替前照灯

最近のクルマには標準装備になりつつあるライトの切り替え装備

最初に表示されている画像についてまずは見てみてください。

この画像の装備がどのようなものかわかるでしょうか?

最近発売されている新しいクルマに乗られている方は知らない場合でも使用している装置である可能性が非常に高いと言えるものになります。

自動でのロービームとハイビームの切り替えは安全を高めるもの

掲載してあります、マークはクルマのヘッドライトのロービームとハイビームを自動的に切り替えてくれる便利な装置であり、正式な名称は自動切替型前照灯と呼ばれているものとなります。

業務の関係で夜に走らなければいけない場合には、ロービームとハイビームの切り替えを自動で行ってくれる装置がついているということは、クルマの運転する際のドライバーの疲労の軽減にもつながりますし、ハイビームでの走行もすることで結果として周囲がよく見えることとなり、安全にも繋がることになるでしょう。

まだ全ての車種ではありませんが、一部の高級車では単にロービームとハイビームと切り替えるだけではなく、数多くのLEDをヘッドライトユニットに装備し、その照射する位置は前方のクルマの存在をカメラで感知することで、さらに細かい制御を行っているいわゆるアダプティブ・LED・ヘッドライトユニットを装備しているものも多く存在しています。

今後採用される車種が増えることで価格も低下していきますので、最終的には新型として発売されるクルマのすべてにアダプティブ・ヘッドライトが装着されるようになるものと思われます。

自動車と比較しますとトラックに普及するのは少し後になるかもしれませんが、物流の主役はあくまでもトラックですので、個人的な考え方にはなりますが、自動車と同時にトラックやバスにも普及すべきであると考えています。

オートライトではないので注意しよう

自動切替型前照灯及びアダプティブ・ヘッドライトはヘッドライトが点灯していて初めて作動する装置となります。

ですからヘッドライトを点灯させていなければ全く意味のない宝の持ち腐れの装備ということになります。

ただ、日本でも最近では周囲の明るさを感知してドライバーの意思とは関係なくヘッドライトを点灯させるオートライトが装備された車種が増加してきました。

またオートライトは数年後には義務化されますので、義務化された後はヘッドライトを点灯させるのを忘れたということはなくなっていくことでしょう。

ただ、義務化されるまでは自分でヘッドライトを点灯させなければいけませんので、くれぐれもオートライトと自動切替型前照灯またはアダプティブ・ヘッドライトを混同しないようにしてください。