揚地選択貨物

揚地選択貨物とはどのようなものか?

揚地選択貨物(あげちせんたくかもつと呼びます)というのは、船に荷物を積むときにこれから積む荷物の陸揚げ地(簡単に言えば船で荷物を運ぶ行き先のことを言います。)が決まっていない貨物のことを言います。

貿易を行う時にでよく使用される用語でオプショナルカーゴとも呼ばれています。

日本語とはいえ、揚地選択貨物とは呼びにくいですからオプショナルカーゴの方が使いやすいのではないでしょうか。

船積みの時に2港以上の陸揚地(船の行き先)を指定しておき、荷物を積んだ船が航海中に。荷主または受け荷主が複数の揚げ地から1港を選択して陸揚げ地を確定します。

このような場合には、陸揚げの場所を買いとるという認識になり、通常料金に加えて割増料金が必要となってきます。

揚地選択貨物の場合に発行されることになる船荷証券は陸揚港選択権付き船荷証券(optional B/Lと呼ばれます。)となり、陸揚港選択権付き船荷証券には、選択可能な陸揚げ地があらかじめリストアップされています。

荷物の荷主は陸揚げしようと考える港に入港するまでの一定期間前に船会社に通知をしなければいけないことになっています。