衝突被害軽減ブレーキ

標準装備になりつつある衝突被害軽減ブレーキ

衝突被害軽減ブレーキ
衝突被害軽減ブレーキは、クルマの前面(フロントグリル・フロントガラスなど)に取り付けられているセンサーがクルマや歩行者との衝突リスクを感知してドライバーに警告をおこない、緊急の場合には自動でブレーキをかけて衝突事故の回避または被害を軽減するものとなります。

最近のクルマにはアダプティブクルーズコントロール(ACC)などとともにセーフティーパッケージとして標準装備またはオプションで用意されているものがほとんどになります。

上記の写真の状態はランプが点灯していますので、衝突被害軽減ブレーキシステムが機能していることをあらわしています。

そもそも安全装備にオンとオフの状態を切り替えることができるようになっていることがおかしいとは思いますので、いずれは安全装備の解除はできなくなるなどの法律が改正されていくのではないかと考えられます。

実際にオートライトは法律で標準装備が義務化となりましたし、オートライト機能を切ることも許されなくなるようです。

現在はまだドライバーが安全装備を切ることができますので、くれぐれも間違って衝突被害軽減ブレーキをはじめとした安全装備を切ることがないように注意をしてください。

安全装備には過信は禁物である!!

衝突被害軽減ブレーキが装備されているから、自分のクルマは衝突事故を起こさないから安心と過信することはないようにしましょう。

名称は衝突被害軽減ブレーキとなっていますが、どのようなシーンでも必ず作動するものではないことは、クルマの取扱説明書に記載されていますので、確認してみてください。

また装備の性能もクルマやメーカーによって違いますので、乗っているクルマの機能を十分に理解しておくことも大切になります。

最終的にはドライバーが衝突被害を防ぐために運転を行うことが1番であることは忘れないように運転をおこないましょう。