初心運転者期間制度

運転免許取得後にとりつける初心者マーク

運転免許を取ったばかりの方は乗っているクルマに初心者マークをつけると思います。

今回は初心者マークを付ける根拠となっている初心運転者期間制度について解説していきます。

初心運転者期間制度について

初心運転者期間制度は、普通免許などを取得してから1年を経過していない初心運転者に適用される制度です。

取得後1年の中には免許停止中の期間は入りませんので、免許取得後にいきなり免許停止処分を受けた方の場合には事情が多少変化することは覚えておいてください。

初心運転者期間に違反などをおこなって、違反点数の合計が3点以上(1回の違反点数が3点の場合には4点以上になります)となった場合には通常の処分(反則金の支払いなど)に加えて学科と技能で構成された初心運転者講習を受講することになります。

初心運転者講習によって、違反を繰り返す初心運転者に安全運転を促して、運転に必須な知識や技能を定着させて、大きな交通事故を起こすことがないようにと教育的な面から初心運転者講習は実施されています。

違反しても初心運転者講習を受講しなかったら?

合計で3点または4点以上の違反をしたにも関わらず、期限までに初心運転者講習を受講していない場合には、免許の再試験を受講しなければいけません。

また初心運転者講習を受講した場合でも、受講後の初心運転者期間にまた違反点数が3点または4点以上となった場合にも免許の再試験を受講することになります。

免許の再試験に不合格の場合と正当な理由がなく再試験を受験しなかったと判断された場合にはせっかくお金をかけて取得した運転免許を失うことになります。

初心者マークをクルマにつける義務がある

初心運転者期間制度とは別のものとして、免許の所有歴が通算して1年未満の運転車が軽自動車・普通自動車・準中型自動車を運転する場合には「若葉マーク」や「初心者マーク」と呼ばれる初心者運転標識をクルマにつけなけばいけません。

マークのとりつけにも決まりがある

初心者マークはとりつけていればクルマのどこでもいいというわけではありません。

クルマの前後に取り付けることと、地上40㎝以上、1.2m以下の見やすい場所につけることが義務づけられています。

上記で決められている表示義務を違反した場合には、反則金として4000円と行政処分の点数として違反点数1点が引かれますので、マークといって過信しないようにしましょう。

事業をしている場合にも新たに免許を取得して加わる方もいるでしょうから、初心運転者期間制度のことも忘れないようにしてください。