誤発進抑制制御機能

事故防止に役立つ機能

記事の写真はクルマのどのような機能かはわかるでしょうか?

ほぼ写真に答えとなるワードが掲載されているので、ほとんどの方は「ああ~それね自分のクルマにもあるな」と思われたのではないでしょうか。

写真の機能は「誤発進抑制制御機能」と呼ばれるものになります。

自動車メーカーによって呼び方が異なりますので、実際にクルマに装備されているかどうかは、メーカーの販売担当に確認をしたほうがいいでしょう。

誤発進抑制制御機能とは?

誤発進抑制制御機能は、クルマの前方(フロントグリルやフロントガラスなど)に取り付けられたセンサーが障害物があることを確認した状況でアクセルを踏んだ時に、エンジンの出力を意図的に制御してクルマの急発進を抑制して、音と運転席のディスプレイでドライバーに警告するものとなります。

ギアの入れ間違いにも効果的で、前に進むだけでなく、バックギアの場合もカバーしていたり、さらに高度なシステムになるとブレーキの制御までも同時に行うことができるもののあります。

ただし、完璧なシステムというわけではありませんので、システムが装備されているクルマに乗っているので誤発進は起こすことはないと過信してはいけません。

センサーが障害物があることを認識していなければ、システムは作動せずに過信していた、あなた自身が交通事故を起こすことにもなりかねないのです。

上記のようなシステムは自動運転ではなく、あくまでも運転支援システムであることを理解して上手に利用するようにしましょう。