アウトソーシング

アウトソーシングとはなにか?

アウトソーシングとは、外部の資源を活用することを言います。

自社で行っている業務の一部分を外部の請負会社に委託する形態をイメージしてもらうとわかりやすいのではないでしょうか。

経済産業省が平成8年に公開している、アウトソーシング産業の育成に関する調査研究の内容によれば、アウトソーシングの意味は、企業等の組織が、従来まで内製していた、または新たに始めることを決定した業務や機能について

1.コアな業務への経営資源を集中させること

2.より高い専門性を確保すること

3.コスト削減をより推し進めること

などの明確な戦略と戦術を持ったうえで、業務の設計から運営までの一切の業務を外部化することであると定義されています。

アウトソーシング業務は従来までのコンピューターを使用した業務だけでなく、最近では経理や人事などのようにこれまでであれば内部で行っていた業務にまで積極的にアウトソーシングを取り入れている企業が増えてきているようです。

あなたが運送会社を経営するとしても、コスト削減のためにアウトソーシングを活用することになることは考えておくようにしましょう。