アイドリングストップ

エコ時代のクルマに必須なアイドリングストップ

最近のクルマにはほとんど装着されるようになっている機能にアイドリングストップ機能があります。

アイドリングストップというのは、自動車が信号待ちなどで停止しているときにエンジンを停止して燃料消費を抑えて燃料費用を安くしたり、エンジンが動くことにより排出される二酸化炭素を含む排出ガスを削減することにより環境負荷をおさえることを目的としているものです。

特にトラックに関してですが、運送会社は巨大な会社になれば数百台のトラックを保有しており、毎月の燃料代だけでもかなりの高額な費用として経営を圧迫することになりますので、アイドリングストップシステムを搭載しているクルマを購入する場合には多少は装着されていないクルマよりもお金がかかるかもしれませんが、長期的な視点からは会社の資金の節約になることは間違いないでしょう。

しかし不便な面として、エンジンが停止することによりエアコンが使えなくなりますので、猛暑の季節ではクルマの中が異常に熱くなりドライバーが非常に不快になるという欠点も存在しています。

実際に普段のクルマを運転する、あなたであってもアイドリングストップ機能は夏の暑い時期は切るようにしているという方も多いのではないでしょうか。

エアコンを使用できない状況でもドライバーの環境を保護しようということからも、運送業者に向けては、寒い時期に暖を取ることのできる蓄熱マットを導入する事業者に対しては補助制度などを導入してアイドリングストップを推進する活動を行っているようです。