ヘッドアップディスプレイ

視点移動が少なくなるヘッドアップディスプレイ

最近のクルマにはメーターナセルの情報をドライバーの視線の先に投影させるヘッドアップディスプレイを採用しているものが多くなってきています。

標準装備のものもあれば、オプションでセーフティーパッケージなどを購入すればACC(アダプティブ・クルーズコントロール)やレーンウォーニングなどと一緒に装着されるものもあり、メーカーによって考え方は様々です。

ではヘッドアップディスプレイがどのようなもので、効果がどう発揮されているかについて見ていくことにしましょう。

ヘッドアップディスプレイの効果は?

ヘッドアップディスプレイはそれ自体が独立しているものではありません。

クルマに既に装着されているスピードメーターやカーナビと連携して、それらの情報をドライバーが視線を変更することなく理解できるように、レーザーやLEDを使用してフロントガラスや、コクピット前に設置された液晶モニターに投影させるものになります。

スピードメーターやタコメーターやカーナビは運転中は凝視していると交通事故を誘発する危険が高くなりますので、なるべくドライバーは見ない方がいいでしょうが、クルマの情報を取得するために全く見ないわけにはいきません。

そのために解決方法として登場した安全装備がドライバーの視線の先に情報を投影するヘッドアップディスプレイであるといえます。

ただし、ヘッドアップディスプレイは万能ではありません。

逆行の中を走行していたり、トンネルの出口直後で強い太陽光が車内に入り込む場合には、ヘッドアップディスプレイの映像が確認しにくくなることも覚えておくようにしてください。

いずれは安全装備として自家用車・トラック・バスを始めとしてすべての乗り物に採用されることになるでしょうが、現在はまだ自家用車の一部に浸透し始めた段階ですので、完全に普及するまでには多少時間が必要だと言えるでしょう。