クルーズコントロール

安全性を高めるクルーズコントロール

最近のクルマやトラックの多くに装着されているのがクルーズコントロールです。

高速道路のように一定の速度を保つことが必要な道路では、クルーズコントロールの威力が最大限に発揮されます。

クルーズコントロールが登場した当時は、速度をクルマの方で設定して、例えば時速100㎞と設定するとブレーキを踏むまでは一定の速度を保つものでした。

しかし、テクノロジーが発展した現在では、走行速度を時速100㎞と設定しておけば、前を走っているクルマやトラックとの車間をミリ波レーダーなどで読み取って自動的にブレーキやアクセルを操作するまでに進化をしており、交通事故の防止とドライバーの疲労軽減に大きく貢献しています。

ちなみに現在のような速度を自動的に加減速する全車追従式クルーズコントロールシステムのことを、自動車業界では統一名称でACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)と呼ぶようになっているようです。

トラックのように重たい車両にとっては加減速を自動で調整してくれるACCは長距離を運転するドライバーが多いだけに、安全面とドライバーの健康面(疲労など)から非常に効果の高いシステムであると言えるでしょう。