アラウンドビューモニター

上からクルマを見ることのできるアラウンドビューモニター

アラウンドビューモニターは、クルマの前後左右に設置されているカメラの映像を合成して、運転しているクルマを真上から見ているような映像をインパネのモニターなどに表示します。

イメージとしては以下の画像のようになります。

アラウンドビューモニター

アラウンドビューモニターの効果

アラウンドビューモニターはクルマに搭載されている一般的なカメラと異なり、クルマの周囲360度をモニターに映し出すので、運転席からは死角となって見えにくい左前方(左ハンドルであれば右前方になります)や斜め後ろの様子もモニターで確認することが可能になります。

ただし、実際に真上からの映像がモニターに表示されているわけではありませんので、カメラのレンズの性能や特性によって、見える物が歪んで見えたり、距離感が実際と比較するとおかしいなどの症状は発生します。

また高さのあるものは映すことが難しいといったアラウンドビューモニターにも弱点は存在しています。

アラウンドビューモニターは使用すると非常に便利なものであることは間違いないことですが、あくまでも安全装備であり狭い駐車場などでは目視で実際の様子を確認することも忘れないようにしましょう。

せっかくの安全装備ですから、有効にうまく利用してくださいね。