衝突被害軽減ブレーキ

ACCってなんのこと?

最近ではクルマの装備の欄を見てみるとACCといった言葉が並んでいるクルマが増えてきたことを感じている方は多いと思います。

しかしACCの肝心の意味がよくわからないといった方もおられるとは思いますので、ここではACCについて説明していきたいと思います。

ACCはドライバーの安全を守る装置の1つ

ACCは略称であって、正式な名称はアダプティブ・クルーズコントロールと呼ばれるものとなります。

元々はメルセデスベンツやBMW、アウディのいわゆるジャーマンプレミアムブランドのクルマが積極的に採用していた装置になりますが、昨今では日本車でも売れ筋のクルマにも標準装備されていることが多くなりました。

ACCは前を走行するクルマとの車間距離をレーダーやカメラで計測することにより、ドライバーが介在することなく自動でアクセルやブレーキ、トランスミッション(ギア)を操作して、前を走る車との車間距離を安全に保って自車を前車に追従走行させています。

速度はドライバーがACCを作動させるときに設定しておけば、設定速度を守りつつ周囲の交通状況に応じて加速や減速を行います。

ACCが特に有効であると考えられるのが高速道路などのように一定の速度を保ちつつ長距離で走行する場合であると言われています。

運転操作の一部をクルマ側が負担することで、ドライバーの疲労を軽減するので結果的に事故防止にもつながる非常に有効なものであるとして、現在はほとんどの新型車には装着されています。

ただし、ACCは決して自動運転車ではありませんので、台風のようにカメラやレーダーで前方を補足することが非常に難しい場合や急なカーブなどでは、前方にクルマがいても認識しないこともありますので、あくまでもドライバーを補助するための装置であることを忘れないようにしましょう。

トラック・バス・タクシー・レンタカー・介護タクシーといった運送に関わる全ての分野のドライバーにも好影響を及ぼすであろうACC。

あなたの会社のクルマにもACCが装着されているか一度確認してみてはいかがでしょうか?

そして事故防止など会社のリスクを考えるのであれば、クルマを次に導入する際にはACCを含めた安全装置が付いていることを前提にクルマ選びをすることを考えてみてください。