チェーン規制とスタッドレスタイヤ

季節外でも雪が降ることもあるために要注意

積雪や凍結によって道路が滑るおこれのある場合に道路を安全に走るためには、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのように冬用タイヤ規制の状態でも走れるタイヤを装着するか、ゴム製・鉄製を含めてタイヤチェーンを使用して走行することが必要となってきます。

大雪の場合に行われるチェーン規制

交通に支障のある、大雪が降った場合には、交通情報などにタイヤチェーンの着用をお願いする「チェーン規制」というものがおこなわれます。

これまでであれば、チェーン規制が出されていた場合にも、スタッドレスタイヤ・オールシーズンタイヤを装着しているクルマであれば、規制区間を通行できることもあったのですが、北陸地方の国道でトラックを始めとして長時間にわたって大規模な大渋滞と立ち往生が発生したことを契機として、2018年12月から「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の標識が新設されています。

上記の標識が表示されている区間では、タイヤチェーンを装着していないクルマはスタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤのような冬用タイヤを装着していたとしても、走行することが不可能となりました。

チェーン規制は国の直轄道路が中心

国が管理する国道や高速道路で、今までのデータで積雪で立ち往生や大渋滞が発生した地域や、坂道の勾配の角度のようにチェーン着脱場(一般的にはサービスエリアやパーキングエリアに着脱場は用意されているでしょう)が整備されている区間については、大雪に対する緊急情報が公開されるような異例の大雪が予想される場合には、上記の標識によってチェーン規制がおこなわれます。

チェーン規制区間では絶対にタイヤチェーン装着を

チェーン規制が出されている区間では、例えスタッドレスタイヤ・オールシーズンタイヤの冬用タイヤを装着していても、タイヤチェーンを装着していなければ走行不可となり、高速道路であれば途中で下道に降ろされてしまいます。

冬用タイヤだけで走行可能な場合には高速道路などの道路情報に「○○~○○冬用タイヤ規制」などのように、チェーン規制とはわけてドライバーにお知らせされることとなります。