レンタカー事業許可

レンタカー事業を始める場合に必要となる許可の取得要件や、許可の取得までにかかる期間についてはどのくらいなのでしょうか。

また、皆さんは「わ・ナンバー」という言葉を聞いたことがあると思います。

一般的には、車のナンバーが「わ」の場合は、レンタカーだとご存知の方も多いことでしょう。

今回は、「わナンバー」の登録方法についても解説を挟みつつ、レンタカー許可申請や、要件、期間などについてみていきたいと思います。

レンタカー事業の許可を知ろう!

まず始めに、レンタカー事業の許可とは何かを確認しておきましょう。

レンタカー事業は、正式名称では「自家用自動車有償貸渡業」といいます。

多くの方がご存知のように、レンタカー事業というのは、自家用車を他人に貸すことで、その対価として利用する料金をお客様からいただく事業を意味します。

このレンタカー事業を行う為には、国土交通大臣に許可を得なければなりません。

内容としては、事業を行う事業所/営業所を管轄している運輸局長に宛てた「貸渡約款を含む申請書類」の提出を行い、審査を受けることになります。

これは、道路運送法という法律の、第80条に該当します。

レンタカー事業の許可に関する要件を確認しよう

レンタカー事業の許可を取得する為には、要件をクリアしなければなりません。

以下にレンタカー事業の許可要件を記載しましたのでご確認ください。

レンタカー事業の許可要件

これらの条件については、すべてクリアしておく必要がありますので、ご注意ください。

レンタカー業許可取得までにかかる期間や必要書類について

まず、レンタカー業の許可取得までにかかる期間については、地域によって多少違いがありますが、受付より約1ヶ月程度となっていますので、開業したい日付がある場合には逆算して申請時期を考えることが必要です。

中には、1ヶ月もかからないケースもあります。

また、必要書類については「申請書類」や「貸渡約款」などを作成しなければなりません。

貸渡約款というのは、法的根拠をもとにして、レンタカー事業を行う上での詳細な決まりを記したものとなります。

わ・ナンバー登録について

わナンバーの登録については、地域によって登録方法に違いがありますので、ここでは一例をご紹介させて頂きます。

各地方の登録については、国土交通省の紹介ページをご参照ください。
「国土交通省ホームページ(地方運輸局の紹介)」

【わ・ナンバー登録の例①】

レンタカーの許可取得と一緒に「レンタカー事業者である証明書」が交付されます。

この証明書を、登録する車両の台数分コピーをする。

これと合わせて、車両の変更・移転登録申請書を、事務所/営業所を管轄している陸運局に提出します。

【わ・ナンバー登録の例②】

運輸局にて「事業用自動車等連絡書」を交付してもらい、車両の変更・移転登録申請書と一緒に管轄の陸運局で登録をします。

レンタカー事業として開業をする際に必要となるお金

状況に応じて、変動することがありますが、レンタカー事業として開業をする場合に、一般的にかかる費用は次のとおりです。

レンタカー事業を始めるときに必要な資金

専門家に依頼するかどうかの判断基準

レンタカー許可申請をする場合には、ご自身で行うべきか、専門家に依頼するべきかを悩まれると思います。

当然のことではありますが、すでに事業を始めていらっしゃる方々にとっては、手続きに必要となる書類や、申請書の書き方など、あらゆる内容を調べた上で、平日の貴重な時間を費やして申請をすることになります。

そこでもし不備があれば、訂正しなければなりませんし、かかった分だけ時間を取られる上に、申請している間は事業に集中することができません。

その間は売上を直接あげる時間に使えない為、ここをどう考えるのか?が判断基準ではないかと思います。

勿論、ご自身で行えないというわけではありませんが、分からないことが起きた場合には、専門家に依頼をしておくことで、スムーズに解決させることができますから、面倒を考える場合には、依頼をした方が手っ取り早いといえるでしょう。

まとめ

今回は、レンタカー事業で開業をお考えの方に向けて、その許可や期間、必要書類と共に、「わナンバー」についても触れて解説をさせて頂きました。

ざっくりとですが、おおよその内容は把握して頂けたのではないかと思います。

これらの手続きは、個人で行っても全く問題ありませんが、手間や時間がかかる場合がある為、面倒を避けたいとお考えの方は、専門家に依頼されることをオススメ致します。