自家用自動車有償貸渡業

レンタカー事業とは、正式な名称で「自家用自動車有償貸渡業」と呼ばれています。

この、自家用自動車有償貸渡業については、昭和26年に法律で施行された「道路運送法」・「道路運送法施行令」・「道路運送法施行規則」の3つが根拠となります。

自家用自動車有償貸渡業の根拠法について

今回の解説は法律的な内容となりますから、普段から法律的な文章になれていない方は少し難しく感じられる可能性もあるかもしれません。

ですが、法律を全て内容から条文まで知っていただきたいといいうわけではなく、以下に紹介しているような法律・施行令・施行規則と呼ばれるものによって自家用自動車有償貸渡業(レンタカー事業)の内容が定められているということを、少しでも認識して頂ければと思い、ご紹介させて頂きます。

道路交通法 第5章 自家用自動車の使用について

道路交通法

道路運送施行法令について

道路運送施行法令について

道路運送法施行規則について

道路運送法施行規則について

まとめ

今回紹介したように、自家用自動車有償貸渡業は法律によって細かく定めがあることが理解できたのではないでしょうか。

申請書類に記載しなければいけない内容についても、しっかりと定められていますので間違えないように記載しないといけません。このような根拠から書類の内容も決められているのだということだけでも、把握して頂ければと思います。

ただし、このように法律によって定めがある以上、難しい内容が含まれてきますから、専門家に依頼して、スムーズな申請ができるようにして頂くことをオススメ致します。