レンタカー許可

レンタカー許可を理解しよう

自家用車を他人にレンタルし料金を得る業務は、道路運送法の許可が必要です。

この許可がレンタカー許可で、レンタカー業を始めるなら申請し許可を得なければいけません。

レンタカー許可申請は、国土交通大臣から得る必要があります。

そのため、必要書類を管轄の運輸支局長に提出して、レンタカー許可申請はしなければいけません。

レンタカー許可申請が認められるためには、許可の条件をクリアする必要があります。

許可の条件は、申請者や整備管理者、自動車保険への加入義務などなど、様々なものがあります。

申請者に関する許可の条件には、1年以上の懲役刑や禁固刑を受けた場合執行から2年以上経っていること、自動車運送業の各種許可の取り消しから2年が経過、2年以内に自動車運送事業経営類似行為で処分を受けていないことなどがあります。

自家用車を10台以上や11人以上が乗れるバスなどを登録する場合は、整備管理者を配置しなければいけません。

この整備管理者も許可の条件となっており、3級以上の自動車整備技師の有資格者、無資格な場合は2年以上の実務経験と整備管理者選任前講習を修了していることが条件となっています。

自動車保険は、対人で8000万円以上、対物で200万円以上のものに加入していることと、搭乗者保険では500万円以上のものに加入していることが条件となっています。

他に許可の条件としては、自家用車や自家用マイクロバス、自家用トラックなどの車両制限、使用する車両を全て駐車することのできる駐車場を備えていることなども、レンタカー許可申請ではクリアしていなければいけません。

レンタカーのメリットとデメリットを理解しよう

条件を満たしてレンタカー許可申請を取得すると、様々なメリットデメリットがあります。

たとえば、自動車整備工場が取得するメリットは、代車で利益を生めることです。

また、下取りしてそのままになっている自動車も、許可を取ればレンタカーとして貸し出すことができます。

さらに自動車を販売する業者なら、レンタカーとして貸すことにより、販売する自動車の宣伝にもなるでしょう。

反対にデメリットは、需要を正確に読み取れないと、顧客にとって魅力的なレンタカーにはなりません。

難しい需要を正確に読み解き車種を揃えるのは、デメリットと言えるでしょう。

また、利用者が任意保険に加入していない場合は、大きな損害が発生する可能性もありますので十分に注意するようにしてください。

許可を取得してから始めるレンタカー業には、メリットデメリットの双方がありますので、しっかりと把握しデメリットに対しては対策をしてくことが事業を成功させるためには重要であるといえるでしょう。