貸し切りバス許可

一般貸切旅客自動車運送事業の基礎知識

一般貸切旅客自動車運送事業というのは、他の方々の需要に対し、有償によって自動車を使い、旅客を運送する事業の中で、1つの契約により、国土交通省令で定められている乗車定員11名以上となる自動車を貸切ることによって行う事業のことで、日本では旅客運送するバス事業が一般貸切旅客自動車運送事業にあてはまります。

この事業に関しては、別に簡易な呼び方として「貸切バス事業」とも言われています。

つまり、もっと簡単にご説明するならば、「乗車の定員人数11名以上のバスを貸し切ることによって、人を輸送し、料金をいただく事業」ということになります。

一般的に、観光や冠婚葬祭などに利用されることが多く、乗り合いのバスや、タクシー以外の、旅客自動車運送事業のことを表します。

また、スクールバスのような契約輸送や、旅行会社の団体旅行、そして会社や町内会などにおける小旅行も、これら貸切バス事業に該当することになります。

道路運送法との関係は?

「道路運送法」という法律によって、道路上で旅客を輸送する場合には、その行為についての規定が設けられています。

利用される方々から運賃をいただき、トラックやバスなどに乗せて運行を行うという場合、道路運送法3条による「旅客自動車運送事業」に該当することになり、国土交通大臣の許可が必要となってきます。

皆さんも、街中を移動する際によく見られるものとして、緑色のナンバー(通称:緑ナンバー)がありますが、これは許可を受けた車両であり、事業用の自動車と呼ばれています。

まとめ

一般貸切旅客自動車運送事業の許可を受けたい場合には、道路運送法という法律の規定に係る審査を受けることになりますので、是非専門知識を持っている運送業許可申請のコンシェルジュへお気軽にお問合せいただければと思います。