貸し切りバス許可の流れ

旅客自動車運送事業許可には2種類ある?

バスの事業に関しては、一般貸切と、一般乗り合いの2つがあります。

①一般貸切旅客自動車運送事業

旅行会社などから依頼されたバス業者が、お客様を輸送する事業のことです。一般的には、高速ツアーバスなどが該当します。

②一般乗合旅客自動車運送事業

路線バスや、高速バス等のように、不特定多数のお客様を有償にて輸送する事業のことです。

一般的には、一般貸切旅客自動車運送事業許可の申請に関するご依頼が多くなる為、ここでは、①の説明をさせて頂きたいと思います。

一般貸切旅客自動車運送事業の許可申請の流れについて

ここでは一般貸切旅客自動車運送事業を行うために必要な許可申請の流れについて理解していきましょう。

まずは以下の流れを記載した図をご覧頂いて、参考にして頂ければと思います。

貸し切りバス許可の流れ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一般貸切旅客自動車運送事業許可申請(貸し切りバス許可)は時間もかかりますし、必要な書類も予想以上に膨大になることも多くあります。

申請から許可までに時間が必要となるものですから、早めの準備が必要となりますので、専門家へ依頼することも考えて事業を始めてみてください。

運送業許可申請のコンシェルジュもお客様の利益になるように最大限にサポートさせていただきます。