ETC

バイクのETC購入に補助導入

自動車・トラック・バスには既にかなりの割合で普及しているETCですが、バイクではまだまだETCが普及しているとは言い難い状況にあるようです。

ETCを自動車・トラック・バスのような四輪車だけでなくバイク(二輪車)にもより普及させる目的でETC・ETC2.0の車載器購入代金の補助を行っています。

補助を行っているのは全国ではなく、首都高速道路・阪神高速道路・名古屋高速道路の3大都市圏の都市高速道路に限定されています。

補助期間は2019年の3月31日までの期間限定となっていますので、バイクで高速道路を頻繁に利用する方は制度を最大限に活用していただくといいのではないでしょうか。

助成地域の紹介

ここでは助成地域の紹介をしておきます。

補助を受けるためには、下記に記載しています地域内のキャンペーン取扱店でETC車載器を設置していないバイクに新規でETC車載器を購入してセットアップと取り付けまでおこなわなければいけません。

補助金額は車載器代金に対して10000円であり、各社先着5000台となっています。

台数が5000台となりますと、終了期間をまたずにキャンペーンは終了されますので、まだバイクにETC車載器を搭載していないけど搭載したいと考えている方が早めに利用することをオススメします。

首都高速道路

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

阪神高速道路

大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県

名古屋高速道路

愛知県

各高速道路会社のホームページ

「首都高速道路株式会社」

「阪神高速道路株式会社」

「名古屋高速道路公社」